FXで負けている方へ~●●のすゝめ~

FXで負けている方へ~●●のすゝめ~

どうも、ハシモトです。

 

さて今回は、

FX初心者の方やFXでうまく行っていない方は必見の、

非常に重要な記事を書きたいと思います。

 

これがきっかけで勝てるようになる方も出るくらいだと思います。

 

082

 

と、その前に・・・

まずは、応援のクリックをポチッとお願いします^ー^

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

トレード記録・トレード日誌のすゝめ

 

今回お話したいのは、トレード記録の作成についてです。

ノートでもエクセルでも、何でもいいです。

とにかく、トレードの詳細な記録を残します。

 

トレード記録は、これからFXを始める方だけでなく、

すでに実践されている方にこそおすすめです。

 

 

なんだ、記録か。面倒くさいな。

 

と思われたあなた・・・。

 

その考え方では、残念ですがそのまま続けても

おそらく勝てるようにならないと思ってください。

 

 

少々厳しい言葉でしたが、

トレード記録は、それぐらい重要なものです。

 

 

実は、トレード記録をつけ始めることで、

勝てるようになる人も結構多いです。

 

 

なぜか?

 

 

自分のトレードが数字や文章によって、

目に見える形になるからです。

 

つまり、自分のトレード技術に対して、

否応なく真正面から向き合わさせられる

というものだからです。

 

 

自分がどんなトレードをして、

何に失敗して、何に成功したのか、

結果はいくら稼いだのか、

勝率や獲得pips数は?

 

などなど、トレード記録で得られる情報は膨大です。

 

 

これによって、

自分のトレードを見直す良いチャンスになります。

 

 

 

具体的に何を書くのか?

書くことは簡単です。

トレードした時間やエントリーレート、

決済レートに決済時間、通貨量、

いくら勝ったのか。

エントリーの動機・根拠、

などなど、本当に書くべきことは結構あります。

 

要は、

――その時自分が何を思って、どういう行動をとったのか?

 

これをはっきりと記録として残すというのが目的です。

 

 

 

また、書くと良い項目として、

「自分の感情」があります

 

 

つまり、

どういう気持でトレードしようと思って、

どういう気持ちでやめようと思ったのか。

そして、結果としてどう思ったのか。

 

こういった「感情」の部分を書き留めておくことが重要になってきます。

 

 

 

 

先日お伝えした、単な習慣付けをすること」

 

これにまさにピッタリなのが、トレード日誌の作成です。

 

>習慣付けの記事はこちら
ちなみに、一例を載せますと、こんな具合です。

 

▼記録の一例

スクリーンショット_041414_065132_AM

 

 

これは一例として即席で作ったものですが、

ともかくこんな感じで簡単に書いてみてください。

 

 

この作業は、自分の感情をトレードに関連させて書く、

という経験があまりない方にとっては、

最初は非常に苦痛だと思います。

 

 

でも、とりあえず一回やってみてください。

必ず効果を実感できるはずです。

その上で、トレードについて改めて考えてみてください。

 

 

 

それでは今回はこの辺で!

 

 

 

 

この記事がお役に立ちましたら、

是非以下のボタンをクリックしていただけますと嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ