レバレッジを上げる!?下げる!?

レバレッジを上げる!?下げる!?

053

 

今回は、レバレッジについてお話したいと思います。

あなたも名前くらいは聞いたことがあると思います。

 

 

 

しかしあなたは、

レバレッジ=ハイリスクハイリターンの悪魔のシステム

と思っていませんか??(笑)

 

 

実は、そんなに悪いものでもありませんよ。

 

 

レバレッジの設定??

もそも、

レバレッジを上げる」ということは何を表すのでしょうか?

 

 

レバレッジは、自分の口座資金の何倍もの資金を

取引することができる制度ですよね?

 

 

つまり、10万円の口座資金だとしたら、

例えば10倍のレバレッジをきかせると、

100万円の取引ができますよね?

 

 

ですが、実際にFXを始めると気がつくんです。

 

「えっ!?レバレッジって、どこで設定するの?」と・・・。

 

誰もがぶつかる壁です。

 

しかしチャート画面などに、

レバレッジを設定する場所がそもそも存在しません。

 

 

実は・・・

 

設定するのは注文するロット数であって、

レバレッジではありません。

 

 

つまり、レバレッジを上げるということは、

注文するロット数を上げるということなのです。

 

 

例えば、あなたの口座資金が10万円だとします。

 

その時、注文する数量(ロット)を100万円分にしたとします。

 

口座資金は10万円ですから、

注文した結果として、その時のレバレッジ10倍になります。

 

 

逆に、最大レバレッジが25倍の証券会社の場合、

数量は最大で何万円分まで注文できるでしょうか?

 

 

そうです。250万円分です。

 

 

 

このように、実際にエントリーする時は、

「レバレッジ10倍で取引しよう!」などとは考えません。

 

 

レバレッジというのは、

「〇〇ロットでエントリーした結果、レバレッジが〇倍になる」

というだけなのです。

 

 

 

レバレッジ=危ないモノ?

レバレッジには、ハイリスクハイリターンのイメージがつきまとっています。

 

確かにFXでは、高いレバレッジでハイリスクなトレードはできてしまいます。

 

 

しかし、レバレッジそのものをしっかりと理解すれば、

 

レバレッジが高ければ、口座資金への圧迫が少なくて済むので、

資金管理さえできれば高いレバレッジの方が良いかも?

 

ということが言えるのです。

 

 

レバレッジについては、この記事だけで説明しきれないほど、

深いモノです。

 

 

ですが、そこまで理解しなければ資金管理なんて到底ムリです

 

しっかりとレバレッジのメリットとデメリットを理解するために、

次の記事ではレバレッジの種類についてお伝えします。

 

 

 

不完全燃焼に感じるかもしれませんが、

ひとまずここで終わりにします。

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ