デモトレードなら勝てるのに…

デモトレードなら勝てるのに…

どうも、ハシモトです。

 

今日の話題は、デモトレードについてです。

 

 

トレードを経験した方なら

誰もが一度はやったことがあるものですね。

 

そして、実際のトレードに移行した後、

このように思ったことでしょう。

 

 

デモなら勝てるのになぁ・・・。

 

 

その理由、考えたことがありますか??

 

210

 

 

 

 

デモなら勝てる理由

デモなら勝てる理由は、主に次の3つでしょう。

 

難しく考えないから。

損切りしなくても良いから。

大きなロット数でエントリーできるから。

 

では、これらについて詳しく考えてみましょう。

 

 

 

難しく考えないから

これはなかなか皮肉なもので、

トレードというのは、難しく考えると負けるものです。

 

簡単に・シンプルに考えている方が勝てるということですね。

 

 

デモトレードでは、「負けても良い」という心理から、

簡単にゲーム感覚でトレードできるわけです。

 

 

だから、意外に勝ってしまうんです。

 

 

もし、これが理由でデモトレードで勝っている人は、

リアルでも同じことをすればいいということになります。

 

 

 

損切りしなくても良いから

これが最大の理由かもしれませんね(笑)

 

 

正直、お金がなくなっても関係ないわけですから、

損切りしなくてもいいわけです。

 

いわゆる、塩漬けというやつです。

ポジションを持ったまま、ほったらかしです。

 

 

そして、

いつかレートが戻ってきて、

とんでもない利益になったところで利確。

 

 

こんなトレードが出来てしまうから、

「デモトレードなら勝てる」ということが起こるのです。

 

 

大きなロット数でエントリーできるから

これは、まぁ多少運の要素が絡みますが、

大きなロット数で入るので、

たまたま勝ったりすると、莫大な利益になります。

 

 

リアルマネーでは到底できないほどの

ハイレバレッジでトレードできるので、

勝った時は万々歳で、勝ち逃げできるわけですね(笑)

 

 

でも、負けた時も大きいですから、

このパターンでは負けてしまっている人も多いでしょう。

 

 

 

まとめ

ここまで読んで、共通点がわかりますか??

 

それは

「何をしても自分のお金が減らない」という点です。

 

 

さらに言えば、

勝つために、メンタル面の要素が必要ないわけですね。

 

 

また、負けたときは簡単に忘れられるし、

勝った時は「勝てたー!」と記憶に残る、とも言えますね(笑)

 

 

所詮、架空のお金だから・・・と。

 

 

本来はデモトレードでも真剣にやるべきですが、

実際にはなかなか難しいものです。

 

 

デモトレードを真剣にやるだけのメンタルが必要ですからね。

 

 

皮肉なものです。

 

 

 

とにかく、

お金が減らない。

メンタルが傷つかない。

 

などというのが、デモトレードなら勝てる理由です。

 

 

 

この事実を忘れずに!

 

 

だから、デモでの実績はそれほどあてにならないという視点で

観ておくと良いと思います。

 

 

 

最後に補足ですが、

しっかりとルール化されたトレードを検証している場合は、

この限りではありません。

 

 

 

それでは今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

注目通貨の動向

現在、全体的には様子見のような形で

観ても良いかなと思っていますが、

この通貨は「強くなる」可能性がある

と見ています。

 

まだ可能性の段階ですが、

例えばUSDとの通貨ペアは以下のようになっています。

 

▼USDとのペア(4時間足)

スクリーンショット_080714_111819_AM

 

再上昇があるとしても、

一旦戻りで下がるのを待ちたいという感じです。

つまり、注目通貨が高くなるのではないか、

ということですね。

 

 

EURとのペアも見てみましょう。

▼4時間足

スクリーンショット_080714_111928_AM

 

こちらはまだ上昇傾向にはありますが、

ダブルトップをきっかけにした下落が

継続する場合は、

注目通貨が高くなるということになります。

 

 

引き続き注目してみてください。

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ