テクニカルとファンダメンタル

テクニカルとファンダメンタル

こんばんは!ハシモトです。

 

今日はテクニカルファンダメンタルについて

改めて考えてみたいと思います。

 

099

 

 

テクニカル分析とは?ファンダメンタル分析とは?

テクニカル分析とは簡単にいえば、

 

チャートを見ることで市場の動向を研究するものです。

 

 

一方のファンダメンタル分析は、

価格に影響を与える各要素を見て市場の動向を研究するものです。

 

 

昔はファンダメンタル分析が主流で、

テクニカル分析はある意味バカにされる種類の

分析手法だったそうですが、

現在ではすっかりテクニカル分析が主流ですね。

 

 

では、なぜテクニカルが主流なのでしょうか。

 

 

テクニカルは全てを含む

テクニカル分析がこれほどまでに主流になっているのは、

もちろん、分析方法としてかなり有効性があるからです。

 

 

テクニカル分析の考え方として、

市場の動きは全ての事象を含む

という前提があります。

 

 

つまり、価格変動の要因が何であろうと

それが価格に実際に反映されているのだから、

結局は値動きを研究するのが一番良い。

という結論になります。

 

 

また、ファンダメンタル分析は結果論ですから、

トレーダーが実際にトレードを行うには、

それだけでは手遅れになる可能性が高いのです。

 

つまり、価格が動く頃には、

ファンダメンタル的な要因はもうすでに反映されている

と言うことができます。

 

 

例えばトレンドが発生しようとしている時、

テクニカル分析ではその方向性が分かり始めていても、

 

ファンダメンタル分析では、

価格がこの後どう動こうとしているのかを知ることは非常に困難です。

 

 

そういう観点からもテクニカル分析をしっかりと学んでおけば、

相場で戦うには十分と言えると思います。

 

 

短期はテクニカル、長期はファンダメンタル?

よく言われるのが、

「長期的な分析ならファンダメンタルの方が有効」

というものです。

 

個人的には、これもいかがなものかと思います。

 

 

テクニカル分析というのは、チャートの動きそのものを見て、

相場の方向性などを分析する手法なので、

長期であろうと、FXに限らず株や先物であろうと、

本質は変わらないと私は思います。

 

 

というわけで、テクニカル分析は長期的な分析にも

十分有効性を持っていると言えるでしょう。

 

 

本当に基本的な部分ですが、改めて考えてみると、

テクニカル分析を信じているのは間違っていない

ということが確認できると思います。

 

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ