まずは前日高値や前日安値を気にしてみよう

まずは前日高値や前日安値を気にしてみよう
どうも、ハシモトです。

今日はちょっとテクニカル的なお話をしてみたいと思います。


あなたは、
前日高値・前日安値というのを意識したことがありますか?
案外役に立つこともありますから、
是非今日の記事を参考にしてみてください。


まずは、今日もボタンをクリックして応援をお願い致します。
※注目通貨もリアルタイム更新中です。


 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

テクニカル分析の基本

高値と安値のラインというのは、
テクニカル分析においては
基本中の基本と言われます。


中でも、前日の高値と安値のラインは
昔からよく使われる基本的なテクニカル分析です。


しかし、FXにおいては、
24時間相場が動いていますから、
結局、どこを基準に前日と当日をわけるのか、
という問題があるかと思います。


少しやっかいなのが、
チャートによって多少異なることがあるということですが、
しかし、ご自身で使っているチャート上で、
日足のローソク足を基準にすればOKかと思います。


例えばMT4であれば、
ローソク足にマウスカーソルを合わせると、
画面右下に、以下のような表示が出ますね。

▼MT4(四本値)
WS000016


このアルファベットを説明しますと、

O=Open→始値
H=High→高値
L=Low→安値
C=Close→終値

ということになりますので、
つまり、高値と安値はHとLのレート
それぞれ見れば良いということですね。

 

 

ラインを引いてみる

では、実際に先週のチャートで確認してみましょう。


▼ドル円1時間足
スクリーンショット_072814_063944_AM


これは先週の木曜日から金曜日にかけての
ドル円チャートです。

ご覧のように、木曜日の高値と安値に
水平ラインを引いてみると、
高値のラインが意識されていると思います。

上昇相場のあとなので、
安値のほうには相場が行っていませんが、
高値の方が意識されているのがわかりますね。

もちろん、100%必ず意識されるということは
断言できませんが、
やはり前日のレートというのは、
意識されやすいのです。

「水平ラインの引き方がよくわからない」
という方は、
まずこの前日の高値安値を参考に
引いてみると良いかもしれません。

是非一度やってみてください。

それでは今日も良いトレードを!

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、 以下のボタンをクリックしてください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、

こんな試みをしています(笑) でも、1日1クリックするだけですので、

注目通貨を知るついでに、 ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

 

 

注目通貨の動向

昨日もお伝えしておりましたが、

長期的には下落が開始していると見ています。

 

ただ、短期的な上昇もありえると考えていますので、

どちらの方向に動くのかを注目していますが、

上昇したとしても、

その後の下落方向についていくほうが

やりやすいかもしれません。

 

 

一応今回のお話に合わせて、

前日の高値安値にラインを引いてみると、

以下のようになります。

 

 

▼1時間足

スクリーンショット_072814_071838_AM

 

 

それでは注目していきましょう。

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ