FXにおける戦略とは?

FXにおける戦略とは?

どうも、ハシモトです。

 

最近のトレードの調子はどうでしょうか?

五月病でモチベーションが下がっていませんか?

 

そんな時は、しばらくチャートを観ないようにするのが

良いかもしれません。

 

「むしゃくしゃするから、ガッツリ稼いでやろう」

などと言ってギャンブル的なトレードをしてはいけません。

 

 

 

さて今日は、「戦略」についてお伝えしようと思います。

 

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

今日の注目通貨をチェックしておいてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

戦略という字は・・・?

トレードでも戦略は重要です。

しかし、この「戦略」という字、

よく見てみて下さい。

 

何と書きますか??

 

 

そうです。

「戦いを略す」と書きます。

 

つまり戦略とは、

なるべく戦わないようにする方法

とも捉えることができるわけです。

 

 

トレードでも同じですが、「戦略」というと、

トレードすることばかり考えてしまいがちです。

 

 

しかし実際には、

あまりトレードせずに十分な利益を上げる

という方法が「真の戦略」なのかもしれません。

 

 

 

考えるべきは自分のスタンス

上記の話の結論は、

少ないトレード回数で大きな利益を取る

ということですから、

 

仮に一回のトレードで2%のリスクを取るなら、

利益になる時は10%くらいを取れるようなトレード

を実践するということです。

 

損切りを1とすると、利益は5取る

ということです。

 

もちろん、トレードには様々なスタイルがありますから、

「これでなければ勝てない」ということはありません。

 

 

結局、今あなたが考えるべきなのは、

自分が何を重視してトレードするか

という点です。

 

 

勝率とリスクリワードレシオの関係

021

例えば、勝率が80%の手法を確立したとします。

それは一回のトレード単位で考えれば、

【損切り30pips、利益5pips】

などというトレードだったとしましょう。

 

この条件で10回トレードした場合、

勝ち→【8回×5pips=40pipsの利益】

負け→【2回×30pips=60pipsの損失】

ということで、

結果的には20pipsのマイナスになります。

 

 

逆に勝率が30%で、

一回のトレード単位では

【損切り5pips、利益30pips】

という場合はどうでしょう。

 

この条件で10回トレードすると、

勝ち→【3回×30pips=90pipsの利益】

負け→【7回×5pips=35pipsの損失】

ということで、

結果はプラス55pipsになります。

 

 

このように考えると、

やはり適当にトレードするだけではダメ

ということがわかっていただけると思います。

 

 

しかもこのような計算をするためには、

自分がどのようなトレードをしているか

ということについて知るために、

トレード記録が必要になってきますし、

それ以上に検証が必要になってきます。

 

 

おそらく多くの人は面倒と思うことでしょう。

しかし大勢の人の逆を行くことで、

FXで勝てるようになれるなら、

やってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

是非もう一度ご自身のトレードスタイルについて

考えてみてください。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ