雇用統計でトレードするのかしないのか?

雇用統計でトレードするのかしないのか?

どうも、ハシモトです。

 

今日は、22時30分に

米国雇用統計の発表があります。

 

 

ですので、基本的には見送りでも良いと思います。

 

 

今週の相場

今週の相場について、

動画で解説しました。

 

いつもよりも多少しっかりと解説していますので、

よろしければご覧ください。

 

 

 

雇用統計でトレードするのか?

よく聞かれるのが、

ハシモトさんは雇用統計でトレードしますか?

 

ということです。

 

 

結論から言うと、

私は雇用統計での利益を狙ってトレードすることはありません。

 

しかし、検証した結果、

指標発表などを構わずにいい結果が出ている

ルールがあるとすれば、

それに従うということで、雇用統計も何も関係なくなります。

 

 

ですから、そこはご自身の持つルールによって変わります。

 

 

もし、雇用統計だけは避けてトレードするのが

ルールなら、それに従わなければいけませんし、

関係ないルールなのであれば、気にする必要はありません。

 

 

その辺りは、本当に人それぞれになってきます。

 

 

ただ、私が言えることは、

雇用統計で利益が伸びることを前提にした

トレードは「ギャンブルも同然」だと思いますから、

それはやらないほうが良いと思います。

 

 

 

今日の注目通貨

今日から来週にかけて、個人的に注目している通貨があります。

もちろん、雇用統計中にやろうとは思っていませんが、

来週も含めて、楽しみな通貨です。

 

今日の注目通貨を見るには、

以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

どこが注目?

この通貨ペアだけでなく、

関連する円がらみの通貨も同時に注目ではありますので、

限定的に注目しているわけではありません。

 

ただ、この通貨ペアは雇用統計前の現在、

短期的な下落が見込める可能性を秘めています。

 

※クリックすると拡大します。

スクリーンショット_030714_044305_PM

 

動画でもお話していますが、

フラッグというチャートパターンをブレイクすると、

一旦そのフラッグの上のラインまで、

戻ってくることが多いです。

 

ただし問題は、

それがいつなのか、ということです。

 

 

それはもちろんわかりませんが、

個人的にはブレイクしたあと、

割と早い段階で戻ってくる事が多いと考えています。

 

そうでない場合は、レンジになったり、

さらに強く上昇していくということになります。

 

 

もちろん、雇用統計でどうなるかわかりませんので、

それまでにトレードを終了するか、

来週に本格的に狙っていくか、

ということを考えたいですね。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ