開けたら閉める!

開けたら閉める!

突然ですが、「」ってご存じですか?

 

Windows-Logo-640x960

 

バカにしているわけではありませんので、

怒らないでくださいね(笑)

 

 

FXで言う「窓(ギャップ)」のことです。

 

 

とは?

FXではよく、「窓を開けた」という表現をします。

 

 

それは、週末の最後の終値と月曜日の始値に開きが出ることです。

 

以下の画像を見て下さい。

※クリックで拡大します。

窓001

 

これが窓と呼ばれるモノです。

 

 

あなたも目にしたことがあるかもしれません。

 

 

ではなぜこんなことが起こるのでしょうか?

 

 

なぜ窓が開くのか?

どんな時に窓が開くのかというと・・・

 

 

一つは、週末に相場を動かすほどの

ニュース等が発表された場合です。

例えば雇用統計などが発表された週の週明けです。

 

 

または、中東などの日曜日が休日でない国で

取引が行われていて、それが週明けに反映されるというものです。

 

 

あとは・・・

大口取引だけを引き受けているところもあるとかないとか・・・(笑)

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

 

日曜日が休日なのは全世界共通というわけではないんですよ。

宗教によって異なるのです。

まあそんな話はいいとして・・・(笑)

 

 

窓を開けたらどうなんだ、と言う話です。

 

 

窓を開けたら必ず閉める?

昔、ご両親に怒られたりしませんでしたか?

 

窓を開けたら閉めなさい!

 

 

相場でも同じ事が言えます。

つまり、開いた窓はいつか閉められる可能性が高いのです。

 

開いた窓まで価格の水準が戻ってくることを、

一般に、「窓を埋める」と言います。

 

イメージとしてはこんな感じですね。

※クリックで拡大します。

窓002

 

 

 

そもそも、窓の空間はほとんどの場合【無の領域】です。

 

何が言いたいのかというと、

100%とは言いませんが、ほとんどの場合、

窓を開けたらそれを埋める動きが出ます。

 

窓とは価格水準を吸い込む、

ブラックホールのようなものモノです(笑)

 

 

つまり、いつかは埋めてくるということですね。

 

 

 

問題なのは、窓が開いた後いつエントリーするのか?

 

ということだと思います。

 

 

未来のことはわからないので、

はっきりとは言えませんが、一般的には、

 

大したニュース等がなくて、単純に中東エリアの

投資家たちの取引によって窓が開いているだけの場合

 

は、その窓はすぐに埋まると言われます。

 

 

 

ちなみに、窓を本気で狙っていくためには、

早起きもしくは夜更かしをする必要がありますので、

体調を崩さないようにやってみると良いと思います。

 

 

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

相場格言

本日はこんな格言をお届けします。

 

必勝法はないが、多勝法はある。

 

 

相場で必勝法を研究してきた人はたくさんいますが、

そんなものはこの世に存在しません。

 

しかし、多く勝つ方法というのは存在しますので、

それを学んでいく必要があるわけですね。

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

注目通貨の動向

今日の注目通貨は、

昨日もお伝えしておりましたが、

長期的にはヘッド・アンド・ショルダーでの下落

注目しています。

 

短期的には下の画像のように、

ラインを超えてきて動き出すかどうか

という点に注目しています。

 

▼1時間足

スクリーンショット_071414_053259_PM

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ