逆張りについて~パート2~

逆張りについて~パート2~

どうも、ハシモトです。

 

昨日のクイズの答えは考えていただけましたか?

>見逃した方はこちらへ

 

回答の中で多かったのは、①と④でしたね。

今回は図だけでのクイズでしたので、

見解が別れて当然ですから、

もし私の見解と違っても、あまり気にしないでくださいね。

 

 

それでは私の見解についてお話したいと思います。

 

 

 

それでは今日も以下のボタンをクリックして、

注目通貨をチェックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

ハシモトの見解

まず、昨日のクイズで見せた画像に

ラインを引いてみます。

 

▼図(ライン入り)

逆張りBb

 

このようなラインを引くことができました。

 

前提として、この図での大きな流れは上昇です。

ここまでは皆さん同じような考え方だったかと思います。

 

 

そして、結論から言ってしまえば、

私の中での「逆張り」とは②と⑤と考えます。

 

 

なぜか?

 

ひとまず番号順に解説していきたいと思います。

 

 

①の売り

逆張りBb

まずこの位置での売りですが、

これは一般的な定義としては

「逆張り」と呼ぶのかもしれませんが、

 

私の中では逆張りではなく、

単純に、相場でやってはいけないこと

でしかありません。

 

上昇の真っ最中に売るというのは、

よほどの根拠がなければやるべきではありませんね。

 

 

②の売り

逆張りBb

②は前回高値に対し、少し反発し始めた位置で売る

ということになります。

 

実践ではローソク足の形なども考慮すべきですが、

ともかくこの位置で仕掛けるのであれば、

これは逆張りと呼べるのではないでしょうか。

 

 

③の買い

逆張りBb

これは上昇トレンド中の買いですし、

このレンジの前の高値がサポートになっていますから、

順張りと言えるでしょう。

 

ただし、「視点」として持っておいていただきたいのが、

②からの下落は、

より短い時間足では下降トレンドですから、

そこからの反発、という意味で言えば、

逆張りとも言えるかもしれないという点です。

 

 

④の売り

逆張りBb

これも①と同様に、

相場でやってはいけないことです。

 

2度止められた高値のラインをブレイクし、

再上昇しているさなかに売るというのは、

やはり余程の根拠がなければいけません。

 

計画的なナンピンなどで仕掛ける手法なら、

こういうやり方もあるかもしれませんが、

あくまでも単発のトレードならば、

これは危険行為と言わざるを得ませんね。

 

 

⑤の売り

逆張りBb

これは、あるチャートパターンに気がつくかどうか、

というのも一つの壁だったかもしれませんね。

 

ヘッド・アンド・ショルダーです。

 

「上昇中の売り」とは言っても、

「トレンド転換の可能性を狙っていく逆張り」

と言えるでしょう。

 

ピンク色で示したネックラインだけでなく、

直前の安値も割っていますし、

この売りは私の中では根拠のあるトレードになります。

 

より細かな視点で見れば、

安値も高値も切り下げていますから、

「下方向への順張り」という捉え方も正解だと思います

 

 

まとめ

念のため補足しておきますが、

逆張りの基本的な定義というのは、

トレンドとは逆方向への新規注文を入れること

ですから、

 

「上昇トレンド中に売る」

「下降トレンド中に買う」

というのが逆張りの基本です。

 

ですから、今回のように、

「この中で逆張りはどれ?」

というクイズでは、

単純に③以外は逆張りになるわけです。

 

 

ただ私の中では、

根拠のある逆張りとそうでないモノとを区別する

という意味で、今回のような見解になっています。

 

 

だからこそ前回言ったように、

明確な答えという答えは無いということにしたわけですね。

 

 

逆張りの概念について、

今一度考えてみると良いかもしれません。

 

そもそも「逆張りをしない」というルールを

持っている方は、

特にあえて逆張りについて考えておくのは大事ですね。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

 

 

 

注目通貨の動向

さて、この通貨はここ3週間ほど、

ずっと下がりっぱなしでした。

 

今週だけ見てもキレイに下がってきていますが、

ここから売りを狙っていくのは、

少しリスクが高まると考えています。

 

というわけで、現在は短期的な買い目線

見ていこうと思っています。

 

▼1時間足

スクリーンショット_080114_101454_AM

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ