逆張りについて。パート2

逆張りについて。パート2

こんばんは!ハシモトです。

 

 

突然ですが、これご存知ですか?

IMG_0515

IMG_0516

 

そうです。ロイズの生チョコです。

 

 

これ、本当に美味しいですよね。

 

さすが北海道が生んだ世界のロイズです。

 

 

 

昨日の問題へのハシモト的見解。

 

さて、昨日の問題は考えて頂けたでしょうか?

 

 

お見逃しの方は、今考えてみましょう(笑)

 

逆張り01

 

 

この画像の3つのエントリーの打ち、

逆張りはどれでしょうか?

 

 

という問題でした。

 

 

 

正解はあってないようなものなので、

ぜひあなたなりに考えてみてください。

 

 

 

私の見解はこうです。

 

②と③が逆張り、①は無茶張り(笑)

 

 

以下の画像をご覧ください。

※クリックで拡大します。

逆張り02

 

この画像のようにラインを意識してみてみると、

①のエントリーは無謀になりますね。

 

まだ上昇基調にある中で、いきなり逆張りですからね(笑)

 

 

②はどうでしょうか?

②は一旦レンジ相場になっているところで、

念のため買い方向への逆張りで狙うという、

立派な逆張りかと思います。

 

 

では、③はどうでしょうか?

③は、上昇途中の押し目で買いなので、

逆張りと言えるでしょう。

 

 

 

何を基準に逆張りと呼ぶか?

 

前回も言いましたが、私の中で逆張りというのは、

直近の流れに逆らってエントリーする。

 

ということですが、

少なくとも、一定のルールに基づいている、

ということが前提条件です。

 

 

例えば、レンジ相場であることが分かっていて、

その端で逆張りでエントリーするのは、良いのですが、

 

 

ただ単に、上昇してきたから売り、

下落してきたから買い、というのは、

逆張りとは言いません。

 

 

無茶張りです(笑)

 

 

逆張りのルール

逆張りを行う際に覚えておくべきルールは、

 

ダメだったらすぐに損切りする。

 

ということです。

 

 

もちろん、ストップロスは入れるので、

そこは問題ないかと思うのですが、

 

 

思惑通りに動かなかった場合は、

必ず損切りするようにしましょう。

 

 

まだだ!と言って、先延ばしにしてはいけません。

 

 

ダメなものは切る!

 

 

これにつきます。

 

 

まぁ、逆張りに限った話ではありませんが(笑)

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

相場格言

 

今日の相場格言はこちらです。

 

押し目待ちに押し目なし。

 

言葉のとおりですが、

押し目買いを狙おうとしても、

なかなかそううまく押し目を付けてくれないのが、

相場というものです。

 

トレンドフォローで押し目買いを狙っているなら、

そんなこと言っても仕方ありませんが(笑)

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ