逃げるが勝ち!?

逃げるが勝ち!?

こんばんは。ハシモトです。

 

 

突然、非常にどうでも良い話ですが、

ゴリラの学名って「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラらしいですね(笑)

 

gorilla-310004-m

 

思わず笑ってしまいました(笑)

 

 

 

さて、今日は「逃げるが勝ち」ということで、

ストップロスを待たずして逃げるパターンの1つをお伝えします。

 

 

 

 

 

重要なのは根拠と流れ

FXや相場において、エントリーとは戦場に出かける行為です。

そのため、エントリーには根拠があるべきです。

 

 

そして、ストップロスや利益確定などの決済にも、

ある程度の根拠が必要ですね。

 

 

しかし相場の状況によっては、

途中で決済すべき場面もあります。

 

 

 

つまり、途中で相場から逃げるという選択です。

 

 

その理由の1つが今回の動画のような場面で、

根拠を持ってエントリーしたが逆行しそうになっている

といった場面です。

 

 

こういう場面は多々ありますが、

もちろん毎回良い所で逃げるのが理想的です。

 

まぁなかなかそうは行きませんね。

 

 

そこで、途中で逃げるという選択をするのです。

 

 

 

損失の考え方

 

最後に動画でもお伝えした考え方として、

利益が取れないことよりも損失にならない事を重視する

というのがあります。

 

 

つまり、マイナス20,000円よりもマイナス1,000円。

マイナス1,000円よりもプラス100円

 

 

このような精神でいると、利益が取れないということよりも、

ストップロスにかかった時の損失よりも少ない損失で済ませる。

という事が良いことに感じられると思います。

 

 

もちろん、簡単なことではありません。

 

 

しかし、出来るだけそのような考え方を持っておくほうが、

後々に利益を残すトレードが出来るのではないかと思いますよ。

 

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ