焦りは発想の転換で乗り切る

焦りは発想の転換で乗り切る

こんばんは。ハシモトです。

 

 

猛暑が続いておりますが、

体調は大丈夫でしょうか。

 

 

さて今日は、

一定レベルに達した頃に学ぶべきメンタル

についてお話します。

 

それは、ポジションを持たないことに対する焦りです。

 

 

待つことの重要性と苦悩

 

トレードでは、待つことが何よりも重要です。

トレードで勝ちたかったら待ちなさい。

と断言できるほど、非常に重要なことです。

 

コレができない人は

絶対に勝てるようにならないとさえ言えてしまいます。

 

 

しかし、「待つことが重要」ということをせっかく理解した頃に、

なぜかアイツは訪れます(笑)

 

 

そうです。言い知れぬ焦りです。

ポジションを持っていないことに対する焦り。

 

302

 

どうしても現れてしまうのです。

 

確かに、そもそもエントリーしなければ

勝てるものも勝てませんからね。

 

 

エントリーしなければ勝てないのに、

「エントリーしない」というこの苦痛は、

トレーダーなら誰でも経験するものです。

 

 

 

発想の転換

どうしてそのような苦痛を体験するのかというと、

やっぱり「早く稼ぎたい」という欲求があるからではないでしょうか。

 

 

 

でも、その焦りがいけないことはもう知っているはずです。

 

 

ですから、発想を転換しましょう。

 

 

ポジションを持たないという状態は“良い状態”です。

 

 

なぜなら、リスクがゼロだからです。

トレードをすると、少なからずリスクが伴います。

 

 

まずは「リスクをさらしても大丈夫」と思える状況が来ない限り、

ポジションを取らないことは

むしろ賢い選択だと自分に言い聞かせてください。

 

 

「言い聞かせる」なんて言いましたが、

それが事実でもあります。

 

 

実際、ポジションを取らないというのは、

非常に賢明な選択です。

 

 

ここで発想の転換を起こしましょう。

 

 

トレードには、ロングポジションとショートポジションの他に、

中立ポジションというのがあるという発想です。

 

 

つまり、「待つ=中立ポジションを取る」

という発想に切り替えてください。

 

待っていてもポジションは持っているんです。

「中立」という名のポジションを。

 

 

 

このように考えると、無駄なエントリーもせず、

エントリーしていないことへの焦りも軽減される?はずです。

 

 

 

焦らず気長に参りましょう^ー^

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ