証券会社への突撃?取材を行ってきました!

証券会社への突撃?取材を行ってきました!

どうも、ハシモトです。

 

本日は、先日私が行ってきた大手証券会社の

マネーパートナーズさんへの取材の全貌

お伝えしたいと思います!

 

証券会社のスタッフさんから直接的に

お話を聞けるなどということは ほとんど無い事ですから、

是非最後まで読んでみてください。

 

 

一(いち)トレーダーが証券会社に!?

そもそも一(いち)個人トレーダーが

証券会社の担当者の方と直接会う、

ということは本当に珍しいことだと思います。

 

実際に担当者の方も

「5年以上前にそういうことが一度あった程度ですね」

と言っていました。

 

 

もちろん、こんなことを実現できたのは

協力していただいた方々が

いるからなんですけどね^^;笑

 

 

いや、それ以前に読者の方々が応援してくれているからこそです。

 

 

取材の狙い

まずは取材の狙いから。

この取材で私が目標にしていたことは2つです。

 

▶証券会社の実態や内部のことについて出来るだけ情報を収集し、

読者の方々に正しい情報をお伝えすること。

 

▶マネーパートナーズが本当にオススメできる

証券会社かどうかを、この目で確かめること。

 

 

やはりインターネット上での情報や経験則だけですと、

「本当のところ何が正しい情報なのか」

わかりにくい部分も多いですから、

できるだけ自分の目で見て感じたことを

お伝えできればと思っていました。

 

 

いよいよオフィスへ・・・

 

さてさて、まずはエントランスからです。

入ってすぐ目の前には“マネパカラー”の ソファがあり、

オープンな感じでとてもキレイな空間でした。

 

▼エントランス画像

DSC02996

DSC02981

 

 

受付に置いてあるモニターでは、

マネパさんがスポンサーをされている

レーシングカーの レース映像が流れています。

DSC02979

 

 

そして次の写真は、

私が実際に取材を行った会議室です。

 

▼会議室画像

DSC02972

この写真に写っているのは、

今回の取材の調整などでお世話になったTさんです。

私ではありません(笑)

 

 

いよいよ取材開始!

担当者の方2名(Iさん・Yさん)とご挨拶をし、

いざ本題へ・・・

 

ハシモト 「今日はお時間を取って頂いてありがとうございます。早速ですが、まずはマネーパートナーズの歴史を簡単に教えていただけますでしょうか。」

 

Iさん 「はい。簡単な流れとしては、

 

・2005年にマネーパートナーズ設立
個人投資家の皆様にインターネットを通じたFX取引を提供

・その後、元個人投資家でもある奥山が代表に就任

・2007年に大証ヘラクレス市場に上場
(2008年に持ち株会社体制に移行)

・2013年に親会社のマネーパートナーズグループが東証1部銘柄に指定替え

 

という形になります。

また、マネーパートナーズはFXで手数料無料を実現した業界初の企業でもあります。

 

ハシモト 「手数料無料の波を作ったパイオニアということですね。」

 

Iさん 「今では当たり前になっちゃいましたけどね(笑)」

 

ハシモト 「確かにそうですね。ただそれ以上に私が感銘を受けているのは、マネーパートナーズさんの取引システムが、本当に“スベリ知らず”と言いますか、思った価格で注文がしっかりと通るあの約定力は一体何なのでしょう?」

 

Iさん 「様々な方からご好評いただいているシステムですが、これはある意味当たり前のことだと我々は考えています。代表の奥山がよく言う例がありまして、それは『コンビニとか八百屋さんに行って、値段が表示されている商品を手に取り、レジに行くと値段が変わっているのはおかしい』というものです。これは確かにそうで、お客様がすでにリスクを背負って投資をしているのに、それを自社の利益のために約定拒否したり、滑らせたりするのはおかしいというポリシーが根底にあるというわけです。」

 

ハシモト 「なるほど~。確かにその例はわかりやすいですね。“滑るのが当たり前”という業界全体の雰囲気がある気がして、どうしても“滑らないこと”に良い意味で違和感がありましたが、本来なら当たり前ということですね。」

 

Iさん 「その通りです。もちろん、そういったことをすれば利益が守られるのは事実なんですけどね(笑)それでも他社のように約定拒否や滑ったりということはさせないという代表の信念があります。」

 

ハシモト 「なるほど、誠実に投資家の方たちと向き合っているのはすばらしいと思います。」

 

Iさん 「投資もそうですが、“長く続けること”が一番です。お客様が投資を始めては資産を失って退場、というのは本当に良くないことですからね。本来“投資”というものは、資産運用ですから、長く続けることが何よりも重要なんです。」

 

ハシモト 「(激しく共感)本当にそうですよねぇ。私も読者の方からよく“損切りが出来ません”とか、“資産を飛ばしてしまいました”などといったご相談を受けるのですが、やはりそういった方々に必ずお伝えしているのは、“長く続けることや負けないことが本当に重要である”ということです。」

 

Iさん 「ギャンブルとは違いますからね。ただ、手軽に始められることがその原因にもなっていますから、そのあたりをきちんとお伝えするのは非常に難しいところではありますけどね・・・。」

 

ハシモト 「確かにそうですよね。その点で私が特に共感したのはマネーパートナーズさんのホームページです。“はじめての方へ”というコンテンツを非常に丁寧に作られていて、本当に誠実なイメージが伝わってきます。」

 

Iさん 「ありがとうございます。やはり先ほども申し上げた通り、細く長く続けていただくほうが、弊社としても長く続けられることになりますし、お客様も豊かになって、まさにWin-Winの関係が成り立つわけですから、投資教育については力を入れていますし、PFXnanoという100円から始められるシステムをご提供しているのもこのためで、さらにこれからも様々なコンテンツを企画・実行していく予定です。」

 

ハシモト 「本当に頼もしいですね。ところで、スタッフの方々は投資の経験があったり、投資の学習はされているのですか?」

 

Yさん 「証券会社ですので、基本的な知識は持っています。投資経験もある者が多いですが、ただ、個人的に投資を行うにはそれなりの厳しい規定がありますので、なかなか行っている者は少ないように思います。」

 

Iさん 「FXはそもそもできませんからね。また、他の投資でもきちんとした許可を取ったりすることが必要ですし、現実的にはそういったことを行っているスタッフはかなり少数かと思います。ただ、スタッフの投資スキルを上げるために、今は代表が自ら音頭を取って、投資手法を教育する場を設けています。」

 

ハシモト 「そうなんですか。それはすごいことですね。」

 

Iさん 「やはり自分で投資を実践することによって、お客様が投資をする際にどのようなことを考えているか、といったお客様の視点を経験することができますからね。損切りが重要だとか、ツールが使いやすいとか、そういったことを身を持って体験して、自分の経験によって話せるようになることで、よりお客様視点のサービスを提供できるという目的があってのことです。」

 

ハシモト 「なるほど、社長さんは結構アグレッシブな方なんですね(笑)」

 

Iさん 「ハハハ、そうですね。4月にも自らセミナーなどで投資の方法などを伝えたりということはしておりました。ただそれも開催にばらつきがありましたので、今期はその辺りにさらに力を入れて、もっと連続的にご提供できればと考えております。」

 

ハシモト 「なんだか良い意味でイメージと違いますね。正直言って、マネーパートナーズさんは証券会社の本来あるべき姿のように感じます。」

 

Iさん 「もちろん、すべてが理想通りには行きませんが、とにかくお客様と我々の双方が、長くお付き合いできる環境をこれからも作っていきたいと思っています。」

 

ハシモト 「すばらしいと思います。それではこれが最後のご質問になるのですが、これからFXを始めようと思っている方や興味があるという方に向けて、何かメッセージがあればお二人からお聞かせ願いたいのですが。」

 

Iさん 「そうですね。やはりこれからFXを始めるという時は、例えば10万円を20万円にしたいとか、そういったことを考えるかと思います。しかし、資産を2倍、3倍にするということは簡単なことではなく、それだけリスクを取るということになりますから、そういった投機的な考え方ではなくて、それこそ年利15%、20%でも出れば、金利や株の配当などと比べてみれば、かなり良い利回りで十分だと思うんです。ですから、1ヶ月・2ヶ月で2倍・3倍を狙いたい気持ちはよくわかりますが、あくまでも“資産運用”という気持ちで取り組んでいただければ、長く続けることができますし、それが一番かと思います。」

 

ハシモト 「なるほど、堅実さが一番ということですね。」

 

Iさん 「まぁそうは言ってもFXという商品の特性上、短期的な利益を求められるのは当たり前のことなんですけどね。それでも長く続けることが何より大事だと思います。」

 

ハシモト 「なるほど、そうですね。私もその点については強く共感します。それではYさんからも何かメッセージがあればお聞かせ願えますでしょうか。」

 

Yさん 「はい。FXはどうしても1億円プレーヤーがいたりですとか、年収数千万という大学生がいたりとか、何かと夢を見てしまいがちな世界だと思います。ただ、やはり重要なのは“いかに負けずに続けられるか”ということだと思いますので、損切りができないですとか、そういったリスク管理についてもしっかりと意識していただきたいですね。やはりシステムに任せたりなどということではなく、ご自身で考えて行っていただければと考えております。そのためにも少額から始められるPFXnanoというシステムもご提供しておりますし、このシステムを使うことで利益が出てうまく行き始めているお客様が増えているというデータもありますし、是非活用していただきたいと思います。」

 

ハシモト 「なるほど。やはり長期的な目線で投資を続けることが大事ということですね。」

 

Iさん 「はい、本当にそうだと思います。是非長く続けていただきたいですね。」

 

ハシモト 「今日は本当に有意義な取材をさせていただけて良かったです。共感できる部分も多くて、大変参考になりました。ありがとうございました。是非今後ともよろしくお願い致します。」

 

Iさん Yさん 「こちらこそよろしくお願い致します。ありがとうございました。」

 

 

ハシモトの感想

実際に取材をして私が感じたことは、

一言で言えば、

 

まさに本来の証券会社の姿だ!

 

ということです。

 

 

証券会社というのはイメージとして、

 

・裏で何をしているかわからない。
・お客のお金をかすめ取っている。

 

といった、なんとなく悪いイメージが強いものですが、

少なくともこのマネーパートナーズさんは、

ものすごく誠実です。

 

実際に直接スタッフの方から話を聞くことで、

それがよくわかります。

 

「お客が負けまくって退場したら、新しいお客を・・・」

といった姿勢は一切感じられませんでしたし、

むしろ非常に低姿勢で

「お客様を勝たせて長期的に利用して欲しい」

という非常に誠実なスタンスでした。

 

担当者の方が言っていた通り「細く長く」という

言葉がすごく印象的でした。

 

 

「長い人生でずっとトレードをやるならここだな」

強く感じられました。

 

 

今回の取材についてまとめた動画を撮ってみましたので、

是非ご覧いただければと思います。

オリジナルパワーアップレポート配布中

現在、マネーパートナーズとのコラボレーションを

実施中で、ハシモトのオリジナルレポートを配布中です。

 

その名も、

『黄金のチャートパターン戦略~実践編』

 

 

このレポートのクオリティは相当なものになっていますから、

是非一度、以下のページから

レポートの内容を確認してみてください。

 

>レポートの内容はこちら

 ※配布キャンペーンは2014年10月31日をもって終了しました。

 

それでは今日も良いトレードを!!

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<