損切りは嫌いですか?

損切りは嫌いですか?

 

タイトルにもありますが

今日のテーマは「損切り」です。

 

「損切は嫌いですか?」

Cutting Losses

「嫌いじゃないわけないだろ」

という声が聞こえてくるようですが

敢えて質問してみました(笑)

 

というのも、

「損切り」というのはトレードにおいて

重要なスキルでもあるからなんです。

 

損切りは

「損失額を確定させる行為」のことですので

なかなか好きな人はいないと思います。

私もきらいです(笑)

 

だけど、自分の中での

「損切りのルール」はしっかり持っています。

 

この「損切りのルール」なくして

この世界で勝ち続けるのは

おそらく不可能だと思います。

 

なぜなら、何もルールがない状態で

損切りの決断が迫られるような事態に直面したとき、

冷静な判断ができるはずがないからです。

 

特に、FXを始めたばかりという方で

冷静な対応ができるというのは稀だと思います。

 

何年もこの世界にいる私ですら

「明確なルール」に救われているくらいですから^^

 

ルールが持つ意味とは

ketudann

FXの世界では

一瞬で大金を稼ぐことも大金を失うこともあります。

そのため、一瞬の判断がすごく重要です。

 

この「一瞬で大金を失う」事態に陥りがちなのは

損切りのルールを持っていない人、

つまり、「損切りの決断ができない人」です。

 

大きな含み損を抱えた時にできることは

「損切りする」「上がることを祈る」

主にこの2つです。

 

「ナンピン手法」という追い買いという選択も

存在はしますがナンセンスなので

やはり上の2つからの決断となります。

 

この選択を迫られたときに

ルールを持つ人間は

ルールに従い損切りの決断ができます。

 

でもルールがないと

「このまま上がるかも」

という期待をなかなか捨てられないものです。

「損失の確定」を認められないものです。

 

この祈りが通じればラッキーですが

このやり方ではいつか必ず祈りが通じず

含み損がどんどん膨らむ

恐ろしい事態になることは目に見えています。

 

というかそもそも祈りに頼ってはいけません…

 

自分で判断を下すのです。

 

ではどんなルールが良いのか?

Money game

FXになれてきたら

 

「チャートの形や動きから自分なりに予測して

予想が外れたら損切りをする」

 

このシンプルなルールを使いながら

トレードするのが1番いいのではないかと思います。

相場の状況によって判断できるのが理想ではあります。

 

しかし、まだよくわからないという人は

自分の資金に対して

損失がどのぐらい出たら損切りという

資金面での損切ルールでも構いません。

 

トレードを繰り返し、学びながら

後々予想を立てていけるようにしていきましょう^^

 

損切りはいやなものではあるものの

ここを自分で

決断できなければ勝ち続けることはできません。

 

かといって損切りしすぎてしまうのも

利益が残らなくなるので

なかなか難しいところではありますが…

 

是非自分なりに”明確な”ルールを定めることで

祈るのではなく、自分で決断をしていきましょう!

 

「上がりますように…」

と目を背け続けるのはだめですよ!

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<