感覚を研ぎ澄ませ!

感覚を研ぎ澄ませ!

どうも、ハシモトです。

 

突然ですが、

あなたの感覚は鋭いでしょうか?

それとも鈍いでしょうか?

 

今日は「感覚」のお話です。

 

まずは以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

何の感覚の話?

おそらく、

「一体何の感覚の話?」

と思われているでしょう。

 

 

ずばり!

「損失に対する感覚」の話です。

 

 

 

まずお聞きします。

 

あなたは、損切りに慣れてしまっていませんか?

 

 

最近ではストップロス注文による損切りをする人が

ほとんどだと思いますが、

損切りをシステムに任せている分、

「慣れてしまった」ということはないでしょうか?

 

 

 

人間にはどんなことに対しても

「慣れ」というのが存在します。

つまり適応能力があるわけですね。

 

 

しかしこの適応能力が、

大きなデメリットになる場合があります。

 

それがまさに「損切りへの慣れ」です。

 

 

 

茹でガエルの法則

あなたは

「茹でガエルの法則」

というのを知っていますか?

 

例えば熱湯にカエルを入れると、

あまりの熱さに驚いて飛び上がりますが、

 

水に入れて徐々に温度を上げると、

温度上昇を認識できずに死んでしまう。

 

という作り話が広がったものです。

 

 

もちろん、実際にはカエルも温度上昇を認識し、

熱くなればなるほど逃げようとします。

 

 

これは実話ではなく、教訓のような話で、

トレードに置き換えて言えば、

「損失に慣れてはいけない」

ということです。

 

 

 

もっと具体的に言うと、

仮にストップロスを入れていないポジションがあったとして、

急激にマイナス方向に動いた時は、

驚いて損切りする人が多く、

 

緩やかにマイナス方向に動いていく時は、

戻るのを待ってジリジリと損失を膨らませてしまう

ということです。

 

 

同じ損失額だとしても、

このように行動が変わってしまうのです。

 

 

今回タイトルで

「感覚を研ぎ澄ませ」と書きましたが、

要するに何が言いたかったかというと、

 

ストップロスによる損切りに慣れることで、

徐々に資金が減っていく状態に慣れてしまわずに、

一回一回の損切りの理由や原因を知って、

常に真剣にトレードに取り組むようにすべきだ

 

ということを伝えたかったわけです。

 

 

もし心当たりがあるなら、

是非改善していきましょう!

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ