自分の芝生に集中しましょう!

自分の芝生に集中しましょう!

どうも、ハシモトです。

 

今日は21時30分に

カナダの消費者物価指数や

小売売上高が発表される予定ですから、

カナダ関連通貨をトレードする場合は、

特に注意しておきましょう。

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

隣の芝生は青く見える

この言葉は人生でも

何度か聞いたことがあるかと思います。

 

つまり、

「何でも他人のものが(自分のものより)良く見える」

ということです。

 

他人の持ち物が良く見えたり、

他人の食事がよく見えたり、

はたまた他人の人生までもが

自分より良く見えたりするものですよね。

 

 

端的に言えば、

「うらやましい」

という感情です。

 

 

しかし、

この「隣の芝生」を見る視点は、

自分の視点ですよね?

 

 

よく考えてみてください。

 

青く見える隣の芝生は、

その人が丹精込めて、

誰も知らない影の努力によって、

苦労した結果きれいな青い芝生に

なっているのかもしれません。

 

 

我々はついつい目先のことや、

結果だけに目が言ってしまいがちです。

 

例えば芸能人を見て、

名声もあってお金もあってうらやましいなぁ

と思う人は多いかもしれませんが、

そこに至るまでに、

尋常でないほどの努力や苦労も

していると思います。

 

有名なお笑い芸人さんだって、

数々の恥や屈辱を味わいながら、

必死に努力して来て、

やっとの思いでテレビに出られたり、

お笑いでご飯を食べられるように

なったのだと思います。

 

 

ビル・ゲイツさんも、

マーク・ザッカーバーグさんも、

孫正義さんも、

大金持ちとして名高いですが、

今の現状だけを見れば、

「お金持っててうらやましいなぁ」

と思う方も多いと思いますが、

そこに至るまでに、

想像もつかないような苦労を

しているかもしれません。

 

 

 

もちろん、トレードでも同じです。

 

勝てるようになっている人を

うらやましく思う気持ちは

非常に良く分かります。

 

 

しかしその人は

「そのために努力や苦労をしてきた」

ということなのです。

 

 

結局は他人は関係ない

結局私が何を言いたいかというと、

「他人の人生は関係ない」

ということなんです。

 

「うちはうち、よそはよそ!」

と両親に叱られたことがあるかもしれませんが、

トレードはその最たる例です。

 

「人のトレードがうらやましいから、

それをコピーしようと努力するが、

結局はうまくいかない。」

 

 

裁量判断を一切無くしてもなお、

安定して勝てる手法ならば、

コピーしても勝てることでしょう。

 

 

しかしそれでも、

ライフスタイルまで真似ることはできません。

 

 

・起きる時間

・食事時間やその内容

・出かける場所、時間

・交友関係

・住む場所

・寝る時間

 

色々なことが人それぞれ違うはずです。

根本的には性格も違いますよね。

 

 

やはり理想的には、

自分だけのトレードスタイルを確立すること

だと私は思っています。

 

 

「自分の人生は自分でデザインすべき」

というのを私は留学で学びました。

 

 

つまり、

好きなように生きていい

ということです。

 

体裁とか世間体を気にすればするほど、

選択肢は狭まっていきます。

 

 

トレードも同じです。

 

かっこ良く勝ちたいとか、

きれいなトレードをしたいなどと

形や見た目ばかりにとらわれると、

「独自の手法で本当に勝つやり方」

が見えてこなくなる可能性があります。

 

 

 

長文で色々と書きましたが、

結局は、

隣の芝生をうらやむのではなく、

自分の芝生に集中しましょう!

ということなのです。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ