勝者と敗者同士の引き寄せの法則

勝者と敗者同士の引き寄せの法則

どうも、ハシモトです。

 

株価が戦後初の6日連続下落ということで

ニュースになっていましたね。

 

先日どこかで、

「証券アナリストの意見と真逆に動いている」

などという記事を読みました。

いつも証券アナリストの言うとおりだったら、

誰も苦労しませんけどね(笑)

 

なんてことを思いつつ、

今日の記事は勝者と敗者について、

ふと考えたことを書いてみようと思います。

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

勝者が得るもの

FXではもちろん、勝つためにトレードするわけですが、

この記事を読んでくださっている方の中には、

あまりうまくいっていない方が多いのではないかと思います。

 

「自分は敗者だ」と感じている方が多いかもしれません。

 

 

敗者というのは、前に進んでいない感覚があるかもしれません。

逆に勝者はどんどん稼いで前に進んでいる、

という風に感じることでしょう。

 

 

しかし、少し考え方を変えると、

これは真実ではありません。

 

 

 

ここで1つお聞きします。

あなたは、トレードで一時的にでもうまくいっている時、

油断や慢心によって大失敗した経験はありませんか?

 

 

私は、「ある」と答えた方が多いのではないかと思います。

では、これが意味することは何でしょうか??

 

 

つまるところ、FXでの(一時的な)勝者が得るものは、

少しのお金と慢心です。

 

 

この勝者はその後、敗者になることが多いということです。

つまりは自分の勝利が幻想だった、ということですね。

 

 

一時的な勝者のその後としては、

1.慢心して敗者に戻る

2.変わらず勝者で居続ける

という2つの道になります。

 

 

では敗者はどうか?というと、

私は「敗者は敗者で、常に勝者に近づいている」と思っています。

 

 

敗者が得るもの

どういうことかというと、

敗者のその後は次の2つだからです。

 

1.努力し、勝者になる

2.努力せず、敗者で居続ける

 

この2つの道があるわけですね。

 

 

お気づきでしょうか??

 

勝者と敗者同士で、

互いに引き寄せ合っているんです。

 

 

慢心する勝者は敗者に戻り、

努力する敗者は勝者になる。

 

または、

勝者は勝者で居続ける一方で、

敗者も敗者で居続ける。

というモノです。

 

後者は引き寄せ合っているわけではありませんが、

世の中の法則のようなものが見えてきますね。

 

 

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、

もしあなたが今、敗者であると自覚しているのならば、

「努力して勝者側に入り、勝者で居続けること」

を目指すと良いということですね。

 

 

そのためには、

やはりトレードで負けた理由などをきちんと分析したり、

メンタルを安定させる事をしたりと、

様々な努力が必要であるということですね。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。
>黄金のチャートパターン~実践編~

>黄金のチャートパターン~理論編~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ