“傾向”を知る

“傾向”を知る

こんばんは!ハシモトです。

 

 

今日地震がありましたが、大丈夫でしたか?

ぜひ気をつけてくださいね。

 

 

さて、本日は少しメンタルに関連する、

相場に対する考え方についてのお話です。

 

 

 

相場の傾向を知る?

相場の分析をする際に、

相場の傾向を判断して自分の行動を決める

というのがセオリーになっているかと思います。

 

 

ただ、気をつけていただきたいのは、

相場の傾向を意識するあまり、

損切りを連発してしまった場合に、

 

――相場の傾向が読めてなかったのかぁ。

 

と、「相場の傾向がその時だけ特殊だった」

結論づけてしまうことです。

 

 

それは相場の傾向のせいじゃないかもしれませんよ。

 

 

 

自分の傾向を知る

何が言いたいのかといいますと、

相場の傾向を知るというよりも、

自分の傾向を知るほうが重要なことがあるからです。

 

 

というのも、相場というのは、

多少特殊な動きをすることはあっても、

基本的には一定の原則の元に動いているのであって、

その原理原則が変わることはないからです。

 

つまり、われわれトレーダーが勝手に変わっているだけで、

基本的に相場は変わらないという意識を持つようにしてみてください。

 

 

 

というわけで、まずはこれを行なってください。

 

 

自分がどんな時にどんな感情になり、どんな行動に出るのか。

これを分析してみましょう。

 

 

 

相場の傾向を分析する前に、自分の傾向を分析しましょう!

 

 

では、今日はこの辺で。

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

相場格言

さて、本日の格言はこちらです。

 

鬼より怖い一文新値。

 

この格言は、

少しだけ高値を更新しても、

そこで上げ止まれば売り圧力が強くなる

という意味で、その反転に気をつけましょうということですね。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ