FX 人間が本能的に取る行動とトレーダーが取るべき行動

FX 人間が本能的に取る行動とトレーダーが取るべき行動

こんばんは!

 

ここのところ、

県外へ出ているため、

メールの返信が遅くなってしまっています。

 

ごめんなさい。

なるべく早く返信しますので、

もう少し待っていてください。
さて、本日はトレーダーのメンタルについて
お話したいと思います。

 

プロスペクト理論

これは以前にもお伝えしたかもしれませんが、
「トレーダーとして取るべき行動」と、
「人間として取ってしまう行動」との違いを
表す、面白いクイズです。

 

早速お答えください。

 

まず、私かあなたへ、

A.必ず800万円あげます。
B.1000万円あげますが、15%の確率で何もあげません。

 

次にあなたから払ってもらうという問題です。

C.必ず私に800万円支払わなくてはいけません。
D.1000万円支払わなければなりませんが、15%の確率で一切払わなくて良いです。

 

さて、あなたは、
それぞれどちらの選択肢を選ぶでしょうか。

 

人間の本能としては、
ほとんどの人がAとDを選びます。
それは当然です。

 

Aについては、
「必ず800万円もらえるなら、もらうに決まってる」

と思うからです。

 

次にDですが、

「一切払わなくて良くなる確率があるなら、
そちらを選びたい。」

と思うと思います。

 

さらに、どうせ800万円という金額を払うなら、
1000万円になるくらいあんまり変わらない。

とも感じてしまいます。

 

 

つまり、
800万円が1000万円になることよりも、
「支払わなくて済む確率」にかけたくなるんですね。

 

トレーダーが選ぶべき選択とその理由

お察しの通り、AとDを選ぶ行為は、
人間としては当たり前でも、
トレーダーとしては不正解になります。

 

トレーダーは、BとCを選ばなければいけません。

 

まずはBですが、これはつまり、
目先の800万円という利益を取るのではなく、

「リスクを取って、より大きな金額を狙う」

というのがトレーダーとしての正しい選択になります。
次に、Cという選択肢ですが、

これは、
「損失を最低限におさるためにさっさと切ってしまう」

ということです。

 

つまり、トレードでいえば、

最初の選択肢でAを選んでしまうのは
「利確を早くしてしまうこと」であり、

次の選択肢でDを選んでしまうのは、
「損切りできないこと」なのです。

 

だからこそ、
トレーダーが選ぶべき選択肢はBとC。

すなわち、
「損はさっさと切って、利益を伸ばす。」

言い換えれば、
「損失が増えるリスクは取らず、
利益が増える方にリスクを取る。」
ということです。

 

それでは、本日も良いトレードを!

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)
さて、この注目通貨ですが、
現在日足ではレンジの上端付近にいます。

 

※クリックすると拡大します。
日足

 

そして、1時間足ではトレンドが発生しているといえるでしょう。
1時間

 

つまり、1時間足で言うところの直近高値を
超えてくると、さらなる上昇が発生する可能性があります。

 

ただ、日足でのレンジ上端で見えている、
12月27日の上ヒゲがレジスタンスとなって、
反発して下落する可能性も考慮しておきたいところです。

 

今後の動きに注目です。
もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ