メンタルを支える唯一のもの

メンタルを支える唯一のもの

どうも、ハシモトです。

 

ここ最近、下落継続に注目している

ポンドドルですが、

今のところはこんな感じになっていますね。

 

▼4時間足

スクリーンショット_093014_115906_AM

 

下落継続はしつつありますが、

まだ上昇の目はあると思っています。

 

というのも、今週は雇用統計もありますし、

米ドルが下落してくる可能性があるからです。

 

基本的には、米ドルが下落すると、

ポンドドルは上がりますから、

そうなれば下落継続の目はなくなり、

今度は一転して、反転上昇を狙う形になります。

 

 

この続きは記事の最後にお伝えしましょう。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

メンタルを支える唯一のものとは?

トレードというのは、

メンタルと非常に大きな関連性を持っています。

 

ある一定の「トレードルール」のように、

学習段階の一つとして、

それを身に付ければ以降はもう大丈夫

という類のものではありません。

 

 

人間ですから、

精神をロボットのようにすることは不可能ですし、

失敗もあるわけですから、

勝てるようになったからと言って、

油断は大敵です。

 

 

言うまでもなく、私にも失敗はあります。

誰にでも失敗は起こりうるものなのです。

 

これは人間である以上、

仕方がないと諦めるしかありません。

 

 

ただ、その失敗を経験した後に、

メンタル面で立ち直れるのかどうか、

というのが最大の課題なのではないでしょうか。

 

 

この術を知っているかどうかで、

今後のトレーダーとしての人生を

大きく左右することでしょう。

 

 

では、そのメンタルを立ち直らせる、

メンタルを支えるものとは一体何なのでしょうか?

 

 

 

行き着くところは・・・?

人の脳は、自身の経験から

問題に対処する方法を考えようとします。

 

例えば、走馬灯という言葉がありますが、

これは一説には、

今までの経験から、直面している危機に

対処する方法を脳が探そうとしている状態

という説があります。

 

確かにこれには一理あると思います。

 

 

むしろ、経験からしか対処できないモノが、

世の中には非常に多いですよね。

 

 

子供の頃、

「これをやったら親から叱られる」

という「経験」を積んでいるからこそ、

 

一般に言われる、

「やってはいけないこと」と

「やっていいこと」の違いを

認識できるようになるわけです。

 

 

逆に言えば、

親からそうしたことを教わらなかった子供は、

その差がわからずに、

混乱してしまうことが多々あるのだと思います。

 

 

これは、FXでも全く同じことが言えるのです。

 

 

ただし非常にやっかいなのは、

FXの場合、

「一回の経験では全く役に立たない」

ということです。

 

つまり、やってはいけないトレードをして、

相場から叱られたとしても、

一回叱られたくらいでは、

理解するのが難しいということです。

 

 

 

これは「お金が欲しい」という

人間の根強い欲求があるという面もありますが、

それ以上に、相場というのは、

一回で覚えるものというよりは、

反復練習をする必要があるものだからです。

 

鉄棒の逆上がりの練習と同じというわけです。

※一回目から出来る子は別ですが(笑)

 

 

 

最終的に行き着くところは経験ということですね。

 

 

「何度もチャートを見てきた経験」

「失敗してきた経験」

「うまく行った経験」

などが合わさることによって、

全体としてトレード技術が磨かれていくわけです。

 

 

 

是非そういう意識でこれからも

相場と向き合っていきましょう!

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

冒頭の続き

ポンドドルの下落継続が起こるかどうか、

ということに関連して、

一応、ドル円も観ておきましょう。

 

▼ドル円

スクリーンショット_093014_120238_PM

 

注目すべきはここ最近の上昇の角度です。

感覚的には、もう上に行く力が

少しずつ弱まっているのではないか

という感じがしますね。

 

もちろん、テクニカル的に見れば、

基本的には上昇傾向ですから、

無理して売りを狙う必要はありませんが、

個人的には、正直言って、

まだかなり強い下落が起こってもおかしくはない

と感じています。

 

ファンダメンタルズ分析を一切入れずに、

フラットに相場を観ていくと、

直近の上昇というのは、

まだ長期目線での押し目を作っていません。

 

▼週足

スクリーンショット_093014_121156_PM

 

さらにこの上昇が、

長期的にはまだ騙しである可能性も

少なからずあるわけですから、

 

現在の水準から測って、

最低でも2~300pipsは落ちてきても

おかしくないという感じです。

 

もっと言えば、

もしそのまま100円割れなんていう

事態が起こったとしても、

対応できるようにしておきたいですね。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ