トレードしない時間を有意義に

トレードしない時間を有意義に

どうも、ハシモトです。

 

現在の相場状況を見ると、

全体的にメインのドルストレート通貨は、

個人的にはトレードはお休みかなと思っています。

 

もう少しわかりやすく動き出してからでも

遅くないと思っていますので、

今は見送り・様子見としています。

 

もし狙うとすれば、

現在、注目通貨として挙げている通貨ペアの

短期的な買いでしょうか。

 

詳しくは記事の最後にお伝えしようと思います。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

注目通貨をチェックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

トレードしない時間をどう過ごすか

FXのトレーダーといえど、

常にチャートに張り付いているわけではありません。

 

 

イメージ的には、

常にたくさんのモニターをチェックして、

トレードばかりしている

というイメージかもしれませんが、

そうでないトレーダーもたくさんいます。

 

 

むしろ、どれだけ多くのモニターを設置していても、

それだけトレードをしているかどうかは、

また別のお話になります。

 

 

つまり、トレーダーは常にトレードをしているのではなく、

どちらかと言えば、

トレード検証や過去チャート検証に

時間を割いている場合が多いのではないかと思います。

 

 

ですから、

「トレードをしない時間」

いわゆる「待ち」の時間をどのように過ごすか、

というところもトレーダーとしては

非常に重要なことになってくると思います。

 

 

トレードしない時間の過ごし方

トレードしていない時間に何をするのかは、

もちろん自由なわけですが、

 

例えば、仕事が平日の休みで、

チャートを見る時間がある時に、

チャートを観ていてもチャンスが無い場合はどうするでしょうか。

 

 

「チャンスを無理矢理探す」というのは、

最もやってはいけない行動の例ですが、

その間、やはり過去チャートの検証や

自身のトレードの検証を

やる人はやっているわけです。

 

 

こうした地道な努力こそ、

トレードでは将来的に大きな味方になってくれます。

 

 

もちろん、逆の場合もあって、

「トレードしない間はリラックスに焦点を当てる」

という場合もあると思います。

 

これはこれで、

トレーダーとしてのメンタルを保つために、

必要なことですから、

それが必要と感じるときは

思う存分リラックスすることに集中してください。

 

 

 

私も昔、父から同じようなことを言われました。

 

「勉強する時は一生懸命勉強をしろ。

遊ぶときも一生懸命遊べ。」

 

子供ころに言われたことなので、

当時私は「一生懸命遊ぶってなんだろう?」

と思っていましたが、今ならその意味がわかります(^_^)

 

 

FXのトレーダーとして必要なことを、

一切惜しまずにやっていくことこそが、

勝てるトレーダーになるための

最短ルートなのかもしれませんね。

 

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

冒頭にもお伝えしたように、

ドルストレート(ドルがからむ通貨)を中心とした

メジャー通貨系は1時間足のレベルでみると、

チャートの形から様子見で良いかなと思っています。

 

ただ、もし形が出たら狙う可能性があるのは、

現在のこの注目通貨ですが、

これも個人的には、

そこまで可能性は高くないと思っています。

 

 

形としては現在、

・4時間足ではレンジ

・日足では上昇傾向

・1時間足は上昇に向かうかも?

と言った形です。

 

▼注目通貨のチャート

スクリーンショット_101014_033126_PM

 

 

1時間足だけにフォーカスしてみると、

次のような形です。

 

▼1時間足

スクリーンショット_101014_033609_PM

 

 

現状で前の高値を更新するとしても、

金曜日ですので、

21時半の関連指標の発表で動くかどうか

といったところでしょうか。

 

 

正直言って、元も子もないことを言ってしまうと、

もっときれいな形はありますから、

無理にトレードする必要は無いと思っています。

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ