チャート中毒の良し悪し

チャート中毒の良し悪し

どうも、ハシモトです。

 

私はトレードの勉強をしていた時期には、

毎日チャートのことを考えていました。

 

チャートを観ていないと

フラストレーションがたまるほどの、

ある意味「チャート中毒者」でした(笑)

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

チャート中毒の良し悪し

さて、一見このチャート中毒は、

トレードの勉強には良いイメージです。

 

確かに良い点が圧倒的に多いですから、

チャート中毒者にはなるべきだとさえ

私自身は考えています。

 

 

しかし・・・

方向性を間違えると、

この中毒が悪い方向に行ってしまいます

 

 

それは、

トレードで失敗した後に、

「チャートを閉じてトレードを休む」と決めたのに、

ついチャートを開いて観てしまう

という状態です。

 

 

要はチャート中毒にも限度があるわけです。

 

 

少し例えは悪いですが、

薬物依存患者やアルコール依存患者のように、

治療のためにやめると決めたのに、

ちょっとしたきっかけで、

すぐに再開してしまうという状態は、

トレードでも非常に危険です。

 

「ポジポジ病患者のたまご」とも言えるかもしれません。

 

 

 

ではなぜ、観ないと決めたのにチャートを観るのか?

 

それは・・・

「負けているから」?

「取り返したいから」?

「チャンスを逃したくないと思うから」?

 

どれかには当てはまるのではないでしょうか。

 

 

だとしたらこれはもう、

「チャートに潜む悪魔に取りつかれている状態」

とも言えるでしょう。

 

 

本当に気をつけてくださいね。

 

 

いくらチャートの勉強のためと言っても、

「“間違った”チャート中毒」にならないように

十分注意してください。

 

 

 

正しい(?)チャート中毒者になりましょう(笑)

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ