ダイバーとトレーダーの意外な共通点

ダイバーとトレーダーの意外な共通点

どうも、ハシモトです。

 

今日は短めにサクッと読める記事を書きたいと思います。

 

その前に・・・

昨日注目していたポンドドルですが、

イギリスの指標発表によって

短期的な上昇がありましたね。

 

▼4時間足

スクリーンショット_071514_093650_PM

 

結果的に見れば前回の高値がキレイに

サポートになりました。

ただ、このように上昇が強く発生していても、

引き続き売りを待ちたい形だと思っています。

 

 

 

 

では、今日の注目通貨は??

以下のボタンをクリックして確認して下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※注目通貨の解説は、記事の最後でしています。

 

 

 

ダイバーとトレーダーの意外な共通点

ダイバーというのは、

ダイバージェンスではありませんよ(笑)

 

海にもぐるスキューバダイビングのことです。

 

一見、トレーダーとは何の関係もなさそうに見えますが、

実はある1つの点において、意外な共通点があります。

 

 

それは、

自分が今持っているリスクの程度を正確に把握している。

という点です。

 

 

私はスキューバダイビングをやったことがないので、

あまり多くを語ることはできませんが(笑)、

ダイビングの道具に、

酸素残量を把握するメーターがありますね。

 

 

ダイバーはそれを見ながら、

自分の命でもある酸素量を

きちんと把握しておく必要があります。

 

もちろん実際には、

そんなギリギリの残量になるまで潜っていることは

ないのかもしれませんが、

 

酸素は人間にとって命同然ですから、

海中の景色に見とれているだけでなく、

きちんと把握しておくことが必須なわけですよね。

 

 

それはトレーダーで言うところの、

リスク管理、つまり資金管理です。

 

 

自分の資金が現状いくらで、

どれだけのリスクをさらしてエントリーするのが

総合的にみて最適なのか、

などという点について、

少なくともプロトレーダーならば理解しています。

 

言い換えれば、

自分の手法やメンタルについての理解が出来ている

ということでもあります。

 

l_024

 

 

きちんと自分についての理解ができていて、

さらにトレードリスクについても把握している状態。

 

これを当たり前のように再現できるようにしましょう。

 

 

 

トレーダーとしての酸素残量の把握ができなければ、

長期的にトレーディングを続けることはできなくなります。

 

相場という海で溺れ死なないように、

その辺りはしっかりと考えていきましょう。

 

例えが無理矢理なのは、ツッコまないで下さい(笑)

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

 

 

注目通貨の動向

本日の注目通貨は、

朝の時点で、短期的な下落を期待していました。

 

▼4時間足

スクリーンショット_071614_073842_AM

 

 

結果的には次の画像のように下落してきました。

 

▼4時間足(午後1時現在)

スクリーンショット_071614_012918_PM

 

 

これで押し目が完了したと観て次の上昇を狙うか、

もしくはさらなる下落が起こるのか、

この辺りに注目しておきたいと思います。

 
 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ