なぜトレーダーのコピーでは勝てないのか?

なぜトレーダーのコピーでは勝てないのか?

世の中には、様々なトレードに関する書籍や手法が溢れています。

 

でも、なぜ多くの人が勝てないのでしょうか?

 

081 (1)

 

実は明確な理由があります。

それもメンタルに。

 

 

今日はそんなお話をします。

 

 

 

所詮は自分だけを信じている。

 

突然ですが、誰だってやっぱり自分が一番可愛いですよね。

そこにキレイ事なんて要りませんし、それが事実です。

 

 

この「人間の本質」が最もよく現れるのが相場なわけです。

 

そして、自分のお金をかけて相場で戦うというのに、

他人を完全に信じきる事などできるでしょうか?

 

 

それがなかなか難しいんです。

土壇場になると特にその本音は現れてきます。

 

 

何が言いたいのかというと、

他人の手法をただコピーするだけで、本当に勝てると思いますか?

 

 

否!!!

 

 

絶対に勝てません。

 

 

 

その理由をこれから説明します。

 

なぜ他人の手法をコピーしても勝てないのか?

 

 

それは簡単なことです。

 

 

その手法が、自分の手法じゃないからです。

もう少し具体的に言うと、

その手法を自分のものにしていないからです。

 

 

多くの人は、

 

――勝っている人のマネをすれば勝てる。

 

と大きな勘違いをしています。

 

 

確かに、完全に100%コピー出来るのであれば、

勝てるでしょう。

 

 

しかし、人間は、特に大人になればなるほど、

自分だけのこだわりのようなものが強くなります。

 

 

それは、自分で自分の生活に責任を持って、

自分の決定のもとに日々を生きているからです。

 

 

子どもであれば、多くの場合、

両親の意向に沿って生活していきますが、

大人はそうはいきませんね。

 

 

そういうわけで、人の言うことを心の底から信じて、

100%再現することなど不可能なのです。

 

 

FXで言えば、土壇場になればなるほど、

我が強くなるものです。

 

 

多くの場合、最初は他人の手法を信じていますが、

損切りが続いたりすると、少しずつ疑念が膨らみ、

徐々に根拠のない自己流トレードを取り入れ始めます。

 

 

そして、いよいよとなると、

その手法に対する不安が確信に変わり、

もはや誰の手法かもわからない、

へんてこな手法が誕生してしまうのです。

 

 

こうなったら、

あとは資金がなくなるまでそのトレードを続け、

最終的に退場に至ります。

 

 

ではこんな風にならないために、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

自分で探してみる。

 

上記のような状態に陥らないための対処法はただひとつ。

 

 

それがどんなに素晴らしい手法でも、

どんなに素晴らしい勝ちパターンでも、

 

必ず自分で何百回も確認することです。

 

 

 

自分自身の目で確認して、

その手法を完全に理解する必要があります。

 

 

そして、その上で自分で納得した上で、

「自分が使う手法」としてその手法を信じて使うのです。

 

 

 

例えば、「こんな場面が鉄板です」と言われたら、

その場面を何百箇所も探して研究してみるのです。

 

 

 

これを「面倒くさい」と思っているうちは、

FXで勝てるようになることはまず不可能だと私は思います。

 

 

 

ちなみに、私が行なったことは、

学んだ手法の場面を無数に探し、

画面キャプチャーをして特徴を探すということです。

 

そうやって自分の手法として確立していきました。

 

 

 

過去検証がいかに重要な意味を持つかがお分かり頂けたと思います。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

 

相場格言

さて、本日の相場格言はこちらです。

 

マーケットでトレードする正しい方法は一つではない。

自分がどんな人間なのかを知り、

自分にとって心地よい投資手法を採用すればい。

 

 

勝つ方法はたくさんあるわけですから、

その中で自分に合うものを採用すればいいということですね。

私もこの格言の通りだと思います。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ