いらない臨機応変さ

いらない臨機応変さ

どうも、ハシモトです。

 

 

トレードでは臨機応変さが必要と言います。

 

それは未来がわからない場所で戦っているために、

至極当然のことです。

 

 

しかし、何でもかんでも臨機応変であればいいわけではありません。

 

 

今日はそんなお話をしたいと思います。

 

 

 

乗っていた利益が減っていく時

 

勝ちトレードの途中、

あなたはこんな不安を抱えることがありませんか?

 

 

――今の含み益がマイナスに転じたら・・・。

 

 

そんな不安から、ストップロスを移動してしまいます。

それも、根拠もなく「建値(エントリーした値)」に。

 

 

これは“いらない臨機応変”の一つですね

 

 

人間は損を嫌う生き物ですから、

こんな判断をしてしまうんですね。

 

 

 

いらない臨機応変のもう一つは、

 

逃げる理由を探してしまう

 

ということです。

 

ランナー/スタートをきる/始める/イラスト/人物/無料素材

 

 

今含み益になっている小さな利益を守りたいがために、

決済する理由を探してしまうんですね。

 

 

「これは逆行しそうだな。早めに決済してしまおう」

 

という感じですね。

いくら「負けないことが大事」とは言っても、

これでは利益が伸びる時も伸ばせなくなる可能性があります。

 

 

 

無論、きちんとした根拠さえあれば問題ありません。

 

 

 

でも、まだきちんとした分析ができないうちは、

ひとたびエントリーしたら、ストップロスにかかるか、

目標に達するまで待つというのが良いと思います。

 

 

 

なぜだと思いますか?

 

 

それには2つの理由があります。

 

・自分のルールが正しいかどうかがわからなくなる。

・逃げる思考のクセがついて怖くてエントリーすらできなくなってしまう。

 

 

この逃げる理由を探す思考のクセがつくと、

本当にやっかいですので、是非やめましょう!

 

 

 

もし耐えられないようなら、

ストップロスとリミット(利益確定)の注文を入れて、

あとはチャートを観ないようにしてみましょう。

 

 

 

その際、注文の有効期限には注意してくださいね。

 

 

 

という、メンタルのお話でした。

 

 

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
もしこの記事がお役に立てましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ