「空いた時間にFX」は勝てない!?

「空いた時間にFX」は勝てない!?

どうも、ハシモトです。

 

もう5月に入りましたね!

 

 

さて、昨日の注目通貨だったポンドドルは、

売り目線で見ていましたが、

結果的には上昇したため、見送りでした。

 

▼4時間足

スクリーンショット_050114_065452_AM

 

ただ、買いで入るのは少し難しい場面だったと思います。

逆にこの後の強い下落を期待したいと思います。

 

 

 

それでは今日の話題へいきましょう。

ここ最近「エントリーを控えましょう」といった

内容の記事が多い気がしますが、

それくらい大事なことなので、気にせず続けます(笑)

 

 

 

今回は内容こそ似ているものの、

少し切り口が違います。

 

 

今回も、いつもの応援ポチをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

 

空いた時間にFXは勝てない!?

FXには

空いた時間にお金を稼げる

という前提があります。

 

 

世界の多くの人は仕事をしていますから、

まさに「空いた時間」にトレードをするわけですが、

 

それこそが逆に勝てない原因になっている

という場合があります。

 

 

これは、

人間という生き物の本質的な部分に関わる問題です。

 

 

 

 

「キャンセル」というのが嫌い

例えば、連休に楽しい旅行を予定していて、

それを楽しみに、ひたすら仕事を頑張ったのに、

突如その予定がキャンセルになったら、

あなたはどう思うでしょうか??

 

 

旅行じゃなくても、

何か楽しみにしていた予定、

例えば「デートの約束」をドタキャンされたり・・・(笑)

 

 

とにかく我々は、「キャンセル」というのが嫌いです。

 

 

もちろん、嫌な予定だった場合は、

「キャンセルになってよかったー」

という場合もありますが、

 

 

少なくとも楽しみにしていた予定であれば、

キャンセルというのはがっかりするものですよね?

 

 

 

これは実は、トレードでも全く同じなんです。

 

 

 

例えば、以下の様な場合を想像してください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝から晩まで、一生懸命仕事をして、

あなたは家に帰ってきました。

 

食事などを済ませた後、

少ない空き時間を使ってチャートを分析し、

その結果、あるトレードのシナリオが出来たとします。

 

「こうなったら良いトレードができそうだ!」

 

092

 

あなたは意気揚々とそのときを待ちますが・・・

 

結果的には、思ったようにならず、

シナリオとは違う動きになってしまいました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

こんな時、

「キャンセルか~。まぁ仕方ないか」

「次のチャンスを待とう」

とすんなり受け入れられるでしょうか??

 

 

 

多くの場合、特に負けている時は、

「なんとかエントリーできそうな場所はないか?」

と血まなこになって、

エントリーポイントを無理に探してはいないでしょうか?

 

 

気持ちはわかりますが、

シナリオ通りに動いていないということは、

思惑とは違う動きをしているということで、

その場面のチャートの動きは、

あなたの想定の範囲“外”に行ってしまったのです。

 

 

ですから、これは至極単純な話で、

トレードはしてはいけないんです。

 

 

 

空いた時間にせっかく分析して導き出したシナリオ。

それが崩れるというのが我慢できず、

無理にエントリーしてしまい、結果負けてしまう。

 

 

これでは、一生勝てるはずがありません。

 

 

 

待つのが仕事

私は常に

「トレーダーの仕事は待つことだ」

とお伝えしてきました。

 

 

それは結局、

自分の立てたシナリオを躊躇なく切り捨てるメンタル

と言えます。

 

 

これがないからこそ、

「空いた時間にFXって言うけど、勝てないじゃないか!」

という結果になってしまうのです。

 

 

 

このようなメンタルを作るために、

「1週間チャートを見るだけ」ということをしてみるのも、

一つの良い経験になるかもしれません。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただけましたら、

応援の意味を込めて、以下のボタンをクリックしてくださると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ