FOMC前のポジションは注意

FOMC前のポジションは注意

どうも、ハシモトです。

 

今日は夜中にFOMCを控えています。

ぜひとも注意してください。

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

相場の声

さてさて、FOMCや雇用統計前の相場のように、

いわゆる「待ち」の状態に入ると、

まるでチャートが「もうすぐ動きまっせ!」

自分に語りかけてくるようだと

感じることはありませんか?

 

 

実はこの「感覚」は大事で、

仮に相場をシンプルに、

「トレンドとレンジ」というように2つに分けると、

 

トレンドフォローの人は、

「トレンドの時はトレードする」

「レンジの時はチャンスを待つ」

というのが普通ですから、

こういう感覚が良いと思います。

 

 

ただし!!!

 

 

そのレンジが上記のような

大きな指標発表前なら

話はがらっと変わってきます。
私の場合、正直言ってトレード意欲というのは

かなり削がれていきます(笑)

 

 

理由はもちろん、発表の瞬間に

色々と不利な状況になることがあるからです。

 

 

スプレッドが急激に広がって

ストップロスにかかってしまったり、

そのストップロス注文もかなり滑ってしまったり。

 

 

とにかく、そういう「大きな指標発表」の時に

ポジションを持っていていいのは、

数日、数週、数ヶ月とかけてトレードする

スイングトレーダーだけだと思います。

 

 

「今夜はトレードしないで、

ゆっくり過去のトレードでも

振り返りながら過ごそう」

 

 

という感じでも良いと思います^-^

 

 

FXは、

「いつでも参加できるからこそ待つ」

の精神が大事ですよ。

 

 

それでは今日はこの辺で!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ