鉄板手法その2~ローソク足のリズム~

鉄板手法その2~ローソク足のリズム~

 

ここでは、鉄板手法その2としまして、

ローソク足を使った鉄板手法をお話します。

 

 

トレンド相場での鉄板手法

この手法はトレンド相場での手法です。

まずは、トレンド相場のリズムを確認してください。

 

つまり、

縦方向に動き、その後横方向に動く。

というリズムです。

 

 

こんな感じです。

 

スクリーンショット_060513_085839_PM

 

そして、注目するのはこの横方向への動きが出た時です。

 

 

この横方向の動きが出て、最終的に長い足が出たら、

その方向に向かってエントリーします。

エントリーするのは足が確定する前でも大丈夫でしょう。

 

 

例としてはこんな形です。

 

スクリーンショット_060513_090347_PM

 

ここではショート(売り)エントリーします。

図のように、横方向への動きの部分が三角形だと、

かなり強力な鉄板ポイントと言えるでしょう。

 

三角形ということは、

上下に長い足~短い小さな足へと収束していく形です。

 

 

 

 

こういう相場は割りと随所に現れるので、過去相場で探してみてください。

 

 

ちなみにここで紹介した場面は、

ユーロ/ドル1時間足の2012年12月6日頃のチャートです。

 

 

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ