1日何回トレードしますか?

1日何回トレードしますか?

どうも、ハシモトです。

 

今週は大きな指標発表が目白押しですから、

注意してトレードしたいですね。

 

【発表予定】

水曜日23時=カナダ政策金利

木曜日20時=イギリス政策金利

木曜日20時45分=ユーロ政策金利

金曜日21時30分=アメリカ雇用統計

 

この予定はぜひ覚えておいてください。

 

 

それではまずは以下のボタンをクリックして

今日の注目通貨をチェックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

1日のトレード回数

私がこれまでブログやメルマガで活動をしてきて、

頻繁にいただくご質問があります。

 

それは、

「ハシモトさんは1日に何回トレードしているんでしょうか?」

というものです。

 

 

それが気になる気持ちはすごくよくわかります。

「自分がトレードしている回数は多いのか少ないのか」

基準が何もわからないわけですから、

確認したいのは当たり前ですね。

 

 

まずは答えから言いますと、

平均して1ヶ月に20回程度、

つまり「1日1回はトレードしている計算」になります。

 

一応言っておきますが、

毎日トレードしているわけではありません。

 

つまり、1日何もしない日もあれば、

1日に3回程度トレードすることもあるわけです。

 

 

また、これを無理にマネする必要もありませんからね。

トレード回数重視で小さな利益を重ねる方法もあれば、

月に2,3回のトレードで十分な利益を上げる方法もあります。

 

トレードスタイルの違いや狙うポイントの違いもありますから、

基準なんてあってないようなものです(笑)

 

 

回数が少ないことへの悩み

ただし例えば、

「1時間足でのデイトレ~スイングの

中間くらいのトレードをしているはずなのに、

1日に10回もトレードして負けまくっている」

というのではいけません。

 

 

逆に、

「1時間足でのデイトレ~スイングの

中間くらいのトレードをしているが、

1週間にチャンスが1回しかなく、

これでは利益が伸ばせない」

という悩みのほうが、

もしかすると改善しやすいかもしれません。

 

 

よく、トレード回数が少なくて悩んでいる方がいますが、

まず、回数が少ないことは別に悪いことではありません。

その分負けないわけですから、

基本的には良いことだと思います。

 

 

もちろん、利益があまり少なすぎても面白くないですから、

そこから先へ進むための分岐は基本的には2種類しかありません。

 

・トレード回数を増やす。

・1回の獲得利益を増やす。

要はこのどちらかですよね。

 

トレード回数を増やすなら、

他の通貨ペアなども同時に監視するか、

時間足を変えてみてできるかどうかを試す、

ということができると思います。

 

一方、1回の獲得利益を増やすなら、

利益が伸びていくに従ってストップロスを

どんどん移動していく「トレーリングストップ」を利用して、

伸ばせるところまで伸ばすとか、

ポジションを積み増し(俗にいうピラミッディング)

して利益を増大させていく方法などを

検討するのが良いと思います。

 

 

どちらのスタイルかがわからなくて、

でも「これをやってみたい」と思うモノがあるならば、

その方法を突き詰めていくのが良いでしょう。

 

 

 

今一度、ご自身のトレード回数と

トレードスタイルを再考してみましょう!

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

現在この通貨は、

短期的な上昇を待っています。

 

しかし、なかなか素直に上げてくれませんね(笑)

粘り強く売られています。

 

▼1時間足

スクリーンショット_090214_032912_PM

 

ドルが買われていますから、

この流れが終わって反転するとしたら、

この通貨も上昇してくるのかもしれませんね。

 

引き続き注目です!

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ