短期EMAは使わない??

短期EMAは使わない??

どうも、ハシモトです。

 

本日は、これまでに何件か頂いた

移動平均線に関するご質問に対する解答を

記事にしたいと思います。

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

短期EMAについて

ご質問の内容は、

5MAや10MAといった短期EMAを使うことはありますか?

というものです。

 

まず、答えとしては、

そうした短期の移動平均線は「使わない」です。

 

ただ、過去に一時的に5MAや10MAを

試していたことはあります。

 

 

最終的には今の状態(20,72,200EMA)に

落ち着いているわけですが、

短期EMAをやめた根拠としては、

「使えない」などということではなく、

「判断基準が増えてしまう」と感じたためです。

 

 

「移動平均線」という名前は同じですが、

本数が増えれば有効かというと、

私はそうでもないと思っていて、

本数が増えると分析の基準というか、

トレードの根拠のようなものが

増えてしまうと思ったからです。

 

 

ですから、

短期EMAを使うトレードをされる方は、

使うことで有効な分析ができるのなら

是非使うべきだと思いますし、

そうしたトレードをしない方は、

特に必要ないのではないかと思います。

 

 

例えば10EMAなどの短期EMAは、

短期的に強く動いている時などに、

20EMAよりもサポートやレジスタンスとして有効な場合があります。

 

▼10EMA

スクリーンショット_120715_022739_PM

 

ただし、私の場合は、

「20EMAにサポートされずに

離れていくということは勢いが強い」

という判断になりますので、

あえてサポートされている形になるMAは採用しません。

 

 

というわけで、

短期EMAは使わなずに、

トレンドが強い時は

20EMAから離れていることで判断する

という感じでしょうか。

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。
>黄金のチャートパターン~実践編~

>黄金のチャートパターン~理論編~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ