利確まであと一歩だったのに・・・

利確まであと一歩だったのに・・・

どうも、ハシモトです。

 

さて、今回は読者の方からいただいたご質問を

共有させていただきたいと思います。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

注目通貨をチェックしてください。

※注目通貨の解説は記事の最後で行います。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

もう少しで・・・

これは先日頂いたご質問です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハシモトさま

初めまして。〇〇(お名前)と申します。
いつも有益な情報をありがとうございます。
無料でここまでわかりやすく教えていただける人は
他に見たことがなく、毎日感激しています。

おかげで以前に比べて、
非常に負けにくくなってきました。

負けにくくなったことは嬉しいのですが、
最近の悩みがあります。


それは、
もう少しで目標の利確ラインだったのに、
目標に届かずに戻ってきて少しの利益で終わる
ということが、ここ最近よくあります。

このような現象を防ぐ方法はないでしょうか。
それとも、仕方ないと割り切るしか無いのでしょうか。
お忙しい中、大変恐縮ですが、
ご返信いただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ハシモトの見解

確かに、

「裁量判断で利確すると、

どうしてもメンタル的に耐えられないから、

一定のルールを元にある目標を決めて、

そこまでは何もしないで待つ。」

ということを実践されている方は多いでしょう。

 

 

しかし、目標ラインまであと少しで届かずに

移動していたストップロスにかかり、

建値や微益で終わってしまうことも少なくない

と思います。

 

 

結論から言えば、

「この現象を防ぐ方法」は、

途中で利確するしかないと思います。

 

 

しかし、それをやってメンタルに影響し、

そのうち早過ぎる利確がクセになってしまうなら、

割り切るしかないでしょう。

 

 

それ以上に、

利益を取って終わることが出来ているという事実を、

まずは優先的に喜ぶべきです。

 

 

「損切りになるのも避けたいし、

利益が少ないというのも避けたい。」

というのは、欲張りですよね。

 

これは「勝率100%の引き分けなし」

というトレードですから、実現不可能です。

 

 

途中で決済

「途中で決済する」と言うと、

その基準について気になるかもしれません。

 

 

しかし、明確な基準と言えば、

最終的には感覚が重要になってきます。

 

もちろん、それは単なる直感というよりも、

それまで色々なチャートを見てきて、

色々なトレードをしてきた経験に基づいた感覚です。

 

 

えば、エントリーして利確も損切りも

注文した状態で、ちょっと外出したとします。

 

その間はチャートを観ることが出来なくて、

帰ってきてチャートを見ると、

「あと5pipsで目標ラインに到達する!!」

という場面だったとしますね。

 

もちろん、そのチャートの形にもよりますが、

そういう場面の時に、

成行で決済してしまうのもありだと私は思います。

 

だからと言って、

毎回そういうトレードではいけませんが、

ある程度の裁量判断を用いてトレードするならば、

その程度の臨機応変さは必要かもしれません。

 

 

 

それでは今日はここまでです!

今日も良いトレードを!!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

13時現在、この通貨ペアは

短期的な三角保ち合いを形成中です。

 

▼1時間足

スクリーンショット_112614_011940_PM

 

日足でも11月7日の安値でサポートされていますし、

短期的には上昇しても良いかなと観ています。

 

▼日足

スクリーンショット_112614_012247_PM

 

ダブルボトムのネックラインとなりそうな

11月20日の高値を超えてくると、

さらなる上昇があるかもしれませんが、

上記のように短期的に買いを狙うなら、

その高値付近を目標にしても良いかもしれません。

 

 

または、4時間足の200EMAが

高値で一度わかりやすく意識されているので、

その辺りを意識しても良いですね。

 

▼4時間足

スクリーンショット_112614_013018_PM

 

基本的に、まずは直近の高値を

超えてくるかどうかが焦点になると思っています。

 

下がってくる場合は、

5分足などで1.244付近までの短期的な売りを

狙えるかもしれません。

 

 

引き続き注目です。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ