ボリンジャーバンドを使ってない?

ボリンジャーバンドを使ってない?

どうも、ハシモトです。

 

今日は、複数の読者の方からいただいたご質問というか、

疑問に対する私の考えを書きたいと思います。

 

 

その前に、すごく他愛のない質問をしていいですか?

ちなみに私はどれも好きですが、

わかめ・ツナマヨネーズ・いくら

あたりが好きですね(笑)

 

 

それでは本題に移りましょう。

 

 

 

ボリンジャーバンドを使っていない?

最近、いくつか同じようなご質問をいただいたのですが、

それは、

ボリンジャーバンドは使わないのですか?

という類のものです。

 

同様に、MACDは?RSIは?

というように、ご質問をいただくことがあります。

 

 

私はこのご質問に対して、

大体の場合は「使いません」と答えます。

 

しかし、問題はそれ以前の問題なんです。

つまり、その疑問が生まれる根本です。

 

 

おそらく、移動平均線のみを表示しているチャートで、

どうやってトレードするわけ?

という疑問が生まれているのだと思います。

 

もし、一般的によく使われるボリンジャーバンドやMACDを

使わないことへの違和感がどうしても拭えない

という状態だとしたら、

危険信号かもしれません。

 

 

自分の中での常識は相場では崩される事が多い?

まず前提として、

ボリンジャーバンドやMACDが有効でないと

言っているわけではありません。

 

むしろ、使い方をきちんとすれば、

有効な分析ツールになります。

 

 

要は「人による」ということを覚えておかなければいけません。

 

 

相場では、自分の中での常識はほとんどの場合、

通用しないことが多いです。

 

というよりも、正確に言えば、

それだけが常識ではない場合が多いです。

 

 

そして、結局何が言いたいのかというと、

大事なのはインジケータではないということです。

 

ボリンジャーバンドを使っているから勝てるとか、

MACDを使わないと勝てない

とか、そういう話ではないのです。

 

 

確かに、インジケータによって完全に

ルール化されたものであれば、

そのインジケータは必須かもしれません。

 

 

しかし、裁量判断によってトレードする場合には、

ほとんどの勝てるトレーダーは、

勝ちやすい場所というのが基本的にわかっています。

 

つまり、必要最低限のインジケータさえあれば、

トレード出来てしまうわけです。

 

 

 

だからこそ、使うインジケータは、

多ければ多いほど良いということもなく、

少ないほうが絶対に良いというのも、

一概には言えないのです。

(個人的には、少ないに越したことはないと感じますが。笑)

 

 

 

要は、「人による」わけですね。

 

 

ですから、自分の理解の範囲を超えることを知っても、

「そういう事もあるんだ」という視点で見なければいけません。

 

どれだけ色々な情報を見て勉強してきたと言っても、

それらが全て正しいとは限りません。

 

情報を取捨選択してこそ、

最も大切な本質が見えてくると思いますので、

客観的かつ冷静に、情報を見分けていきましょう。

 

 

 

というわけで、今日の話題はここまでです。

 

おっと・・・最後に、

私がボリンジャーバンドやMACDを使っていない理由ですが、

それらを使った手法を研究してこなかったためです。

もっと簡単に言えば、自分に合うのが移動平均線だからです。

 

単純ですよね?

 

逆に言えば、それらを使った手法を研究すれば、

そういう手法も作れると思っています。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!!

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

応援クリックをしてくださる方が増えてくれると嬉しいなと思って、
こんな試みをしています(笑)

でも、1日1クリックするだけですので、注目通貨を知るついでに、

ギブアンドテイクの精神でクリックをよろしくお願いします(笑)

 

 

注目通貨の動向

この通貨は下落がスタートしたと見ています。

先日の記事にて、注目通貨として挙げていて、

水平ラインを境にどちらに動くか、

という点に注目していました。

 

 

現状としては、ひとまず下方向に動き出したと見ています。

▼4時間足

スクリーンショット_072514_094751_AM

 

どこまで下落するかは不明ですが、

個人的にはすでに売りを持っています。

 

引き続き注目しておきたい通貨ですね。

 

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ