「指標に注意する」とは?

「指標に注意する」とは?

どうも、ハシモトです。

 

今日は27時にFOMC議事録公表があります。

8月20日の午前3時です。

 

ですから、

寝る前にポジションを持っておくことは、

あまりオススメしませんので、

その辺りに注意してトレードしたいところですね。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

21時30分にも注意

21時30分には、

アメリカの消費者物価指数が発表される予定で、

こちらも注目度は高めかと思いますので、

この時間帯も注意したいですね。

 

 

そもそも、

「指標に注意する」とは

具体的にどういうことなのでしょうか?

 

 

私自身はどうしているかというと、

もちろん、チャートは見るようにしています。

 

トレードという意味では、

雇用統計やFOMCなど、

かなり注目度が高く、

発表時にスプレッドが広がったり、

注文が滑るような指標の時は、

基本的にトレードしません。

 

しかし、今回の消費者物価指数や

小売売上高など、

注目度は高いが毎回激しい動きに

なることが確定的ではないと

思っている指標発表については、

シナリオ的にトレードする場面なら、

トレードすることが多いです。

 

 

 

逆に言えば、

雇用統計やFOMC、

政策金利発表などを除外して、

他の場面ではシナリオ通りに行動する。

 

というのが私のスタンスです。

 

 

相場環境やその時の直感も

少しは含まれてきますが、

基本的にはそんな感じでトレードします。

 

もちろん、不測の事態というか、

思わぬ激しい動きになった時にも

対応できるようにするために、

チャートは監視するようにしています。

 

 

 

基本的なルールを決めていれば、

それを破らないようにトレードして、

負けたら悪いところを探し、

修正していけるので、

それがやはりベストな道かと思います。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

昨日から引き続き注目の

この通貨ペアですが、

12時現在、

137円付近がサポートになるか

という点に注目しています。

 

▼4時間足

スクリーンショット_081915_120012_PM

 

相場展望で言っていたような形に

近づいていますので、

ここから再上昇があるかどうか、

というのが焦点ですね。

 

狙うなら短い足での転換上昇

狙えるかもしれません。

 

引き続き注目です。

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ