EMAに注目してシナリオ作り(1)

EMAに注目してシナリオ作り(1)

どうも、ハシモトです。

 

今回は以前にもお届けした

EMAに関するテクニカルなお話です。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

今日の注目通貨をチェックしておいてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

近づいたり離れたり

移動平均線は、世界中で広く使われる

インジケータの一つですね。

 

中でも私が使用しているのは、

指数平滑移動平均という種類のもので、

期間は20,72,200です。

 

20EMA、72EMA、200EMAですね。

※1200EMAなんていうのも時々使ったりします。

 

 

さて、そのEMAたちを使用して

何を見ているのかというと、

相場の勢いや動きを分析しています。

 

 

その中でも特にトレードに活かせる使い方としては、

EMAと相場との位置関係です。

 

例えばトレンドが続く時というのは、

EMAに対して相場が

近づいたり離れたりするわけです。

 

 

画像を見てください。

▼トレンド中のEMAと相場

スクリーンショット_111014_021709_PM

 

シンプルに言えば、トレンド中の動きは

この2つだけです。

 

このリズム感を覚えておけば、

トレンドフォローがよりシンプルな、

簡単なものになってくると思います。

 

 

トレード問題

では簡単な問題を出します。

 

例えば、チャートを開いた時に

次のようなチャートになっていたら、

どのようなトレードを想定しますか?

 

▼例

スクリーンショット_111014_022128_PM

 

 

「今乗り遅れたらまずい!買いだ!」

となりますか?

 

それとも、

「今はブレイクしたばかりだから押し目を待ってみよう」

と考えるでしょうか?

 

 

あなたはどちらでしょう??

 

 

 

さて、もったいぶらずにこの後の展開を

お見せしましょう!

 

 

▼例2

スクリーンショット_111014_022325_PM

 

直後の下落です。

おそらく指標発表ですから、

これはちょっと意地の悪い問題でしたね(笑)

 

 

では本題として、この続きの展開から問題を出します。

 

 

▼例3

スクリーンショット_111014_022436_PM

 

さらに高値を超えてきていますね。

 

この直後、さらに高値を更新しています。

 

▼例4

スクリーンショット_111014_022838_PM

 

では、この後のトレードシナリオを立ててみてください。

 

 

続きは明日の記事でお伝えしますから、

それまでにシナリオを考えてみてください。

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ