EURの下落継続

EURの下落継続

どうも、ハシモトです。

 

不調だったパソコンですが、

結局、修理に出しました。

 

原因が不明なため納期も不明ということで、

いつ元の環境を復旧できるかわからない状況です。

トレードと同じで気長に待つことにします(笑)

 

つきましては、動画の配信も難しく、

メールの返信については、

もしかすると遅れてしまう可能性もありますので、

その際はご了承ください。

 

まずは以下のボタンをクリックして

今日の注目通貨をチェックしておいてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

ユーロ下落継続

さて、ユーロは続落中ですが、

ギリシャがIMFからの融資を返済するための資金がない

というニュースがありましたね。

 

また、スペインの統一地方選挙で

与党が大半の地域で安定多数を失った

というニュースもあり、

ユーロは続落ということになっています。

 

 

普段から私は、

ファンダメンタル的要因については

基本的に無視してトレードしていますので、

このようなニュースは興味本位で見ています。

 

要は、

「あの下落はそれが原因だったのか。」

と結果を説明するためのものと思っておりますので、

トレードに活かすということはほとんどありません。

 

 

 

チャート分析

では今回は長期の目線をおさらいするために、

ユーロドルを月足から日足まで見てみましょう。

 

▼月足

スクリーンショット_052615_102821_AM

 

これを見ると、完全に下落中ですね。

ただし、一旦20EMAあたりまでは

戻ってきてもおかしくない気がします。

ローソク足の包み線も出ていますからね。

 

 

▼週足

スクリーンショット_052615_103301_AM

 

やはり下落中という感じですね。

ここからまだ調整が続くのか、

それとも再度安値をトライしに行くのか、

注目の場面になっていますね。

 

 

 

▼日足

スクリーンショット_052615_103430_AM

 

サポートになりそうだったラインを抜けていますから、

やはり売りの力が強い印象を受けます。

 

 

 

いかがでしょうか?

長期目線で見ると、

どう考えても「下落中」ということがわかると思います。

 

ただし、週足と月足のところで言ったように、

戻りや横ばいの調整になる可能性もありますから、

そのあたりは注意しておきたいところですね。

 

 

どのように注意するかというと、

例えば日足で安値が切り上がるとか、

トリプルボトムのような形になってきた時に、

ちょっと様子を見たり、ということです。

 

 

 

今回は長期目線のお話でしたが、

この考え方は短期でもできます。

 

つまり、4時間足、1時間足、15分足、

などという組み合わせで見たりするということです。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ