レンジ相場が来たら・・・?

レンジ相場が来たら・・・?

どうも、ハシモトです。

 

昨日の動きをさらっとおさらいすると、

ドル円がもう一度高値を更新してきましたね。

110円もとうとう行ってしまいました。

 

▼ドル円(日足)

スクリーンショット_100114_071020_AM

 

 

昨日もお伝えしていましたが、

上の画像でも示したように、

やはり下落の目線は変わらずで良いかなと

考えています。

 

 

 

では、今日の注目通貨は?? 

以下のボタンをクリックしてチェックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

注目通貨は以下の画像で示す位置に

記載されています。

 

※クリックで拡大します。

スクリーンショット_100114_071327_AM

 

 

注目通貨の解説は、

記事の最後で行いたいと思います。

 

 

 

 

レンジ相場が来たら・・・?

本日は、割りとテクニカル的なお話になります。

 

 

FXに限らないことですが、相場というのは

トレンドとレンジを繰り返して進んでいくことは、

もう多くの方が知っているとおりです。

 

 

トレンド相場では、

基本的にトレンドに乗るようにトレードするのが

ベストだと思います。

 

 

 

では、レンジ相場ではどうでしょうか?

 

 

 

 

この質問に対して、

すぐさま「レンジは逆張りでしょ!」

と答えたあなたは、もしかすると、

危険なトレーダーになってしまうかもしれません。

 

または、もうすでになっているかもしれません・・・。

 

 

レンジ相場でのトレードルールを

きちんと確立している方は大丈夫だと思いますが、

そうではない状態で、

すぐさま「レンジは逆張りだ」と考える方は、

様々な情報に少し翻弄されているのかもしれません。

 

 

今日の記事を読んでいただいて、

是非もう一度考えてみてください。

 

 

 

レンジは・・・?

それでは、

そろそろもったいぶらずに私の見解を

述べたいと思います。

 

が、まず前提として知っておいていただきたいのは、

決して、「レンジ相場では勝てない」

ということを言いたいわけではありません。

 

 

トレンドフォローを狙っているのに、

なぜかエントリーするところがレンジ相場で、

「買ったら下がり、売ったら上がる」という

往復ビンタを食らってしまうようなトレードを

「日常的に繰り返している」

もしくは

「できれば今後は避けたい」

と思う方に向けて、

レンジでの立ち振る舞いについて記事にしています。

 

 

ズバリ、

「レンジは待機」です。

 

 

この考え方は、

トレンドフォローを行いたい方は特に、

意識すべきものだと思います。

 

 

例えば以下のような相場を見てください。

 

▼レンジ相場の一例

スクリーンショット_100114_070508_AM

 

 

これは最近のポンド円の相場です。

ここ最近のポンド円は、

ずっとレンジ相場が続いていましたね。

 

もうちょっと大きな時間足で観てみると、

こんな感じになっています。

 

▼ポンド円(1時間足)

スクリーンショット_100114_070645_AM

 

画像で示したように、

どちらかに動き出すのを待つ方が、

トレードとしては狙いやすいと感じませんか?

 

 

レンジ相場が好きな方で、

なおかつレンジでのトレードでうまく行っている方は

このお話は無視してくださいね(笑)

 

 

しかし、

「同じようなところで何度も負けていて、

冷静に相場を観てみたらレンジ相場だった。」

などという経験がおありの方は、

是非真剣に考えてみましょう。

 

 

 

レンジ相場で負けまくる人は、

図で示すと、以下の様なトレードをしてしまうのです。

 

▼レンジでの失敗例

新しいSkitchファイル_100114_073203_AM

 

この図では過去が

どうなっているかはわかりませんから、

最初のトレードは仕方ないにしても、

次以降はやらなくても良いような気がしますね。

 

 

これはまさしく、

ポジポジ病の最たるものですが、

思わずやってしまう方もいるかもしれません。

 

 

「次こそは!」という考えが、

相場では破滅への道を切り開くことになります。

 

 

 

 

試しに・・・

一度、試しに以下のような形で

相場を観察してみてください。

 

 

「移動平均線も横ばいで、

相場がなんとなく横方向に動いているかな」

と感じたら、一旦待ってみてください。

 

そして、どちらかに動き出した時に、

トレードはせず、

もう一度、相場の全体像を観てみてください。

 

 

そうすると、

トレンドとレンジの区別が明確になり、

より冷静に判断できるようになるかもしれません。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

本日午前の時点で、この注目通貨は、

「長期的な目線での前回安値の

水準(サポート)付近まで落ちてくるのか」

という点に注目しています。

 

▼4時間足

スクリーンショット_100114_074105_AM

 

直近では、階段状に下がってきているので、

そのまま下落するかどうか、

という点に注目しています。

 

▼1時間足

スクリーンショット_100114_074408_AM

 

 

それでは参考にしていただければと思います。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ