レンジの判断基準の一例~2015/12/09~

レンジの判断基準の一例~2015/12/09~

どうも、ハシモトです。

 

昨日は色々と用事をしておりましたら、

記事を更新するのをうっかり忘れてしまっていました。。。

待っていてくれた皆様、すみませんでしたm(_ _)m

 

まずは以下のボタンをクリックして

応援および注目通貨のチェックを

していただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

レンジの判断基準について

さて、今回はレンジの判断基準について

一例をお伝えしようと思います。

 

トレードをする上で、

トレンドフォロー手法を使っている方は多いでしょう。

 

これはトレンドになった時に、

そのトレンドについていく形でトレードするわけですが、

この場合重要なのは、

トレンドを判断することと同時に、

レンジを判断するということですよね?

 

 

レンジの次にトレンドが来るわけですから、

レンジの時に判断できていれば、

次のトレンドにも乗っかりやすくなるということです。

 

 

もちろん、判断基準は様々ですが、

私が基本的に判断基準として使うのは、

20,72,200という3本のEMAの配置です。

 

つまり、下から20EMA→72EMA→200EMAと

順番に並んでいる状態の時は上昇トレンド、

その逆に上から20EMA→72EMA→200EMAと

並んでいれば下降トレンド

(これらの状態をパーフェクトオーダーと言います)

そしてそれ以外はレンジ相場

という判断基準です。

 

もちろん、EMAの配置だけで、

「ここからがレンジだ」と決めつけるのは危険ですが、

大まかには判断することができます。

 

 

例えばリアルタイムの相場を、

ドル円で見ていきましょう。

 

 

それでは週足から見ていきます。

 

▼週足

スクリーンショット_120915_031835_PM

これは明らかに上昇トレンドですね。

EMAもパーフェクトオーダーですし、

パッと見た印象で、右肩上がりなのは明らかですね。

 

 

では次に日足です。

 

▼日足

スクリーンショット_120915_032101_PM

こちらは微妙な形ですね。

一時的にEMAの配置がずれていますが、

基本的には上昇方向の配置になっています。

全体としてはレンジかもしれませんが、

直近は上昇しているような、本当に微妙な形ですね。

 

では4時間足はどうでしょうか。

 

▼4時間足

スクリーンショット_120915_032208_PM

 

現在はレンジに見えますが、

全体としては上昇後の横ばいに見えます。

日足とも見比べてみると、

再上昇が起こればこのレンジを上に抜けて

トレンド継続という形でしょうか。

 

最後に1時間足を見てみましょう。

 

▼1時間足

スクリーンショット_120915_032343_PM

こちらは直近では下降に見えますが、

全体としてはやはりレンジと判断できると思います。

 

 

ではこのような時に、

トレードとしてはどのような戦略を立てるのでしょうか。

 

 

これは中期~長期トレードのお話になりますが、

トレンドフォローを考えるならば、

まず今はレンジと判断すべきだと思います。

 

 

その上で、このレンジを上に抜けた時に、

トレンド継続だなと判断して

押し目買いなどを検討していくわけですが、

仮に何か手法があって、

そのルールでトレードする場合、

トレンドフォローの考え方ならば、

買いだけを狙うのがセオリーです。

 

 

つまり、選択肢をまとめると、

1.レンジを抜けてから買う

2.レンジの中で買う

という形になります。

 

もちろん、絶対に上がるとは限りませんから、

売りをトレードするのが悪いとは言いません。

現にレンジを下抜けて下落する可能性はありますからね。

 

しかし、あくまでもトレンドフォローの原則から考えれば、

少なくともリスクは抑えるべきだと思います。

 

 

 

今日は少し長めなお話になりましたが、

是非参考にしてみてくださいm(_ _)m

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。
>黄金のチャートパターン~実践編~

>黄金のチャートパターン~理論編~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ