FX米国雇用統計~2017/02/03~

FX米国雇用統計~2017/02/03~

どうも、ハシモトです。

 

今日は月に一度の雇用統計ですね。

相場的には様子見感のある状態ですが、

USDJPYの様子を見てみましょう!

 

 

USDJPY

昨日のUSDJPYの高値と安値は、

高値=113.35

安値=112.04

でした。(※NY市場基準。誤差あり)

 

▼USDJPY1時間足

2017-02-03_19h13_19

 

雇用統計ですので、

ブレイクで積極的にトレードすることはないかと思っています。

 

とは言え、最近はトランプ大統領の発言が

相場に影響を与えているようなので、

結局のところ、リスクを管理しながら、

自分のトレードルールを守るしかないんですよね。

 

結論として、トレーダーというのは、

どんな相場においても自分を見失ってはいけません。

 

個人的には、トランプ大統領の発言が影響を与えていても、

最終的に相場としては矛盾のない形になりますよね。

 

試しに、トランプ大統領に決定してからの

USDJPYの日足を見てみて下さい。

 

▼USDJPY日足

2017-02-03_19h20_23

 

丸印をつけた辺りが、大統領選の開票ですから、

それ以来の相場として、全体を見てみると、

強く上昇して押し目に入っている状態

でしかありませんよね?

 

テクニカルとして何か不自然な点はあるでしょうか?

私は無いと思います。

 

アベノミクスもそうでした。

強いトレンドが発生してどんどん上昇しましたが、

あとから見ればテクニカル的には

何も不自然ではありませんでした。

 

大衆心理やアナリストの分析として、

USDJPYは100円にはならないだろう

などという情報がはびこっただけで、

結果として出たチャートには何も不思議はありません。

 

ちなみに、私が考えている1つの展開としては、

日足でもう一度上昇があるとしたら、

個人的に好きなパターンになる場合は良いです。

好きなパターンとは、

押し目から安値を切り上げるというサインを出したあと、

急上昇していくパターン

のことです。

 

2017-02-03_19h37_49

同じUSDJPY日足の別の場面ですが、

簡単に言えばこういう展開です。

 

このパターンは短い時間足でも使えるパターンで、

個人的にはUSDCADなどでうまくいくイメージを持っています。

相場状況は変わるので、常にUSDCADとは限りませんが、

テクニカルトレードとして、

こういったパターンは有効だと思っています。

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

ブログの応援をしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。
>黄金のチャートパターン~実践編~

>黄金のチャートパターン~理論編~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ