相場には収縮と拡散しかない。

相場には収縮と拡散しかない。

こんばんは。ハシモトです。

 

 

突然ですが、これ良いと思いませんか?

 

IMG_0006

 

ちょっと前にシンガポールに行った際のお土産です。

 

 

シンガポールは本当に良いところでした。

 

ただし・・・暑い!!(笑)

 

 

暑がりの私には辛い気候でしたが、

様々な民族が暮らしていて、本当に楽しいところでした。

 

 

その話はまたいつか出来たらと思います^ー^

 

 

 

今日は、相場そのものの構造についてのお話です。

 

 

 

縮まるか広がるか

相場というのは基本的に、

縮まっているときと、広がっていくときしかありません。

 

 

一般に、収縮と拡散なんて呼ばれますね。

 

 

相場の局面には、原則この2つしかありません。

 

 

 

これは相場の本質的な原則なので、

絶対に覚えておいてください。

 

 

 

今、収縮なのか拡散なのか?

 

知識として収縮と拡散を知っていても、

トレードで活かせなければ意味がありませんね。

 

 

というわけで、それを把握すると何がわかるのか、

というお話をします。

 

 

まず、収縮と拡散の判断ですが、

これははっきり言って、見た目です(笑)

 

 

 

それほど人間の目というのは素晴らしいのです。

 

以下の相場を見てください。

 

shushuku

 

 

このピンクの丸印の部分は、

収縮と拡散、どちらでしょうか?

 

 

当然、収縮ですよね?

 

 

そしてこの収縮のあとに、長い陽線が出て拡散していますね。

 

 

 

これが収縮と拡散の基本です。

 

 

この収縮と拡散は、

規模は違えど、相場のあらゆるところで起こっています。

 

 

 

そして、それを容易に判断するために用いられるのが、

ボリンジャーバンドと呼ばれるインジケータです。

 

 

 

ボリンジャーバンドを表示させたチャートはこんな感じです。

 

※クリックで拡大します。

shushuku02

 

 

図のように、収縮している場面では、

ボリンジャーバンドの3本のラインも収縮しています。

 

そして、拡散しているところでは、

ボリンジャーバンドの上下2本のラインが拡散しています。

 

 

これがボリンジャーバンドを使って

収縮と拡散を見る方法です。

 

 

 

これは過去相場ですが、

今の相場ではどのようになっているのでしょうか?

 

 

以下のチャートを見てください。

※クリックで拡大します。

shushuku03

 

これは、ドル円の5分足です。

 

画像を見ればわかるように、現在は収縮の局面ですね。

 

 

いま収縮しているということは、

いつかは拡散するということを表していますから、

トレードではそこを狙っていけばいいということになります。

 

 

・・・と口では簡単に言えますがね(笑)

 

実際には、拡散した事を確認しながら、

一旦調整が入った後のさらなるレートの伸びを

狙っていくのが基本ですので、

 

拡散したからといってすぐにエントリー

なんて、絶対にやめてくださいね(笑)

 

 

 

それでは、

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

相場格言

さて、本日はこんな格言をお届けします。

 

損して休むは上の上。

 

FXでは、ついつい熱くなってしまいがちですが、

「負けた時にやめる」ということが出来る人は、

トレーダーとして上の上、ということですね!

 

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ