水平ラインを引いたら・・・さぁどうする!?

水平ラインを引いたら・・・さぁどうする!?

どうも、ハシモトです。

 

さて今回は前回に引き続き、

水平ラインについてもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

水平ラインの引き方を見逃したあなたは、

こちらへどうぞ→有効な水平ラインを引くには?

 

 

 

水平ラインを引いたら、さぁどうするのか?

 

水平ラインを引いたら、次はどうするのか?

 

水平ラインを見ながら、相場の少し先を予想する事になります。

 

 

基本的にFXで先を予測することは自殺行為なわけですが、

この場合は予想というよりも心の準備といったほうが正確です。

 

 

 

どういう事かといいますと、

まず以下のチャートをご覧ください。

 

※クリックで拡大します。

07.09水平ライン

 

 

画像の中で3色で示したように、水平ラインを意識すると、

様々なケースが考えられるわけです。

 

 

そのため、実際にどれかのケースに当てはまった時に、

どのように行動するのかを予め決めておくのです。

 

 

これが、少し先の予想です。

 

 

例えば、画像の青いラインのケースであれば、

利益確定を欲張らなければ、「買い」で勝てるかもしれませんね。

 

ピンクのラインで言えば、

逆張り、つまり「売り」で入れば勝てるかもしれません。

 

白いラインのケースでも同様に、

「売り」で勝てるかもしれません。

 

 

 

コレに加えて、長い時間足で全体的な流れを見たり、

 

移動平均線を使って流れを見たりするのも効果的だと思います。

 

 

 

しかし、注意しなければならないのは、

いつでもエントリーポイントがあるわけではない

という事です。

 

 

今、画像の3色のパターンについてひと通り述べたばかりですが、

私ならエントリーしないと思います(笑)

 

なぜなら、まだ流れが明確ではないからです。

 

例えば流れとしては今は下落傾向ですが、

もはや売りで入るには少し遅い気もします。

 

下落がそのまま続くのかわかりませんし、

レンジ相場に移行していくかも?という疑念もあります。

 

ですから、そうした明確な流れが出るまでは様子見が無難です

 

 

 

分析する際はポジポジ病に注意!

FXをやっているとどうしても、

 

――結局は売りか買いのどちらかなんだから・・・。

 

という気持ちや、

 

――勝てる人はいつでもどんな相場でもエントリーすれば勝てる

 

といった絵空事が拭えません。

 

 

 

だからこそ、ポジポジ病などと呼ばれる、

エントリーしていなければ気が済まない症候群

になってしまうのです・・・。

 

 

 

おそらくあなたにも、ポジポジ病の悪魔のささやきが

聞こえると思います。

 

 

――ここで高ロットで勝てれば大きな儲けになる・・・。

――エントリーしなければ勝つことはできない・・・。

 

など、様々な悪魔のささやきが聞こえてくると思います。

 

 

 

そんな欲望に満ちた声に耳を傾けてはいけません。

あなたが聞くべきなのは、相場の声です。

 

 

――今は下落の流れだよ~。

――そろそろ転換するかもしれないから準備しておいて~。

 

 

という、気まぐれな相場の声です。

 

 

 

ポイントは今ある情報以上のことは考えないことです。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ