最終的には何がモノを言うのか

最終的には何がモノを言うのか

どうも、ハシモトです。

 

 

トレーダーとしての最初のゴールは、

「安定して利益を出す」

というものでしょう。

 

しかし、そのゴールを目前に、

「そのゴールになかなかたどり着かない」

という状況になることがあります。

 

今回は最終的に何が必要なのか、

という点について簡単に

お話したいと思います。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

注目通貨をチェックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

歴史に学ぶ

こんな格言があります。

 

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

 

実際にはトレーダーとしては、

経験も非常に大切な要素ですから、

 

「トレーダーは経験にも歴史にも学べ」

 

というのが正しいかもしれません。

 

 

ただしこれには条件があります。

 

 

それは、両方ともから学ぶこと。

片方が欠けてはいけないということです。

 

 

 

経験だけでもダメ、

歴史を知るだけでもダメ、

ということです。

 

 

 

トレードにおける経験と歴史とは?

では、トレードにおける

経験とは何か、歴史とは何か?

ということについてです。

 

 

ズバリ言えば、

経験とはまさにトレードの実戦経験のことです。

 

歴史、というのは、

過去チャートのことです。

 

 

トレーダーとして重要なのは、

過去チャートで利益をあげる方法を

生み出せるか、

そしてそれをリアルタイムの相場で

どれほど発揮できるか、

ということです。

 

 

最終的には何がモノを言うのか、

それは、少しのアイデアと検証です。

 

 

少しのアイデアとは、

手法を作る際に考えるアイデアです。

 

「ストップロスのルールはどうするか」

などという事を思いつくアイデアです

 

アイデアには経験が

必要になる場合もありますが、

最終的には、

やはり検証作業がモノを言います。

 

 

 

ある一定のルールを作って

それを過去チャートで検証し、

過去では安定的な利益が出ているのか、

これを検証してOKならば、

実践で使って見る。

 

リアルタイムでは通用しない手法だったら、

改めてそのルールを改善する。

 

 

実はこれが本当に重要で、

相場の顔つきというのは、

毎日、毎週、毎月、毎年と

変わっています。

 

気がつかないうちに、

その手法が通用しない相場になっている、

ということも起こり得るのが相場です。

 

 

ですが、やはり最終的に

トレーダーの心の支えとなるのは、

「過去チャートで安定していた」

というデータに基づく事実です。

 

これを糧にトレードルールを守り、

淡々とトレードしていく姿こそが、

トレーダーとしては理想なのではないかと

私はいつも思っています。

 

 

 

まだ勉強し始めという方も、

ともかくまずは、

過去チャートを知ることから

始めていきましょう!

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

この通貨は現在、

上昇中の押し目のような場面です。

 

ここから再上昇があるのか、

またはまだ下落してくるのか、

今はちょうど微妙な位置に来ています。

 

 

▼4時間足

スクリーンショット_062915_023235_PM

 

結局は、

ダブルトップをつけに上昇するのか、

レンジが続くのか、

下落してくるか、

ということですが、

私としては基本的に買いを待ちたいと

今のところは思っています。

 

安値を切って下落した場合、

売りで狙うのもできるかもしれませんが、

まだ今の形なら、

その後の上昇を待てるかと思っています。

 

 

それでは参考にしてください。

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ