急激な動きがまだ続く事を示す足

急激な動きがまだ続く事を示す足

こんばんは!ハシモトです。

 

今日はなぜか頭がぼーっとしている私ですが、

頑張ってやっていきます(笑)

 

今日はローソク足のパターンについて、

新たに1つ解説したいと思います。

 

 

それは、急激な動きがまだ続く時に出る足です。

 

 

トレード動画で撮れたら一番良かったのですが、

撮れませんでしたので、それは後日機会があればということで、

 

今回はパターンの説明だけしますね。

 

 

 

長い足の次に出る小休止

 

説明するよりも見たほうが早いと思うので、

まずはこちらをご覧ください。

※クリックで拡大します。

下落の特徴01

 

何が言いたいのかわかっていただけましたか?

 

 

そうです。この陽線です(上昇なら陰線)

上昇や下落が始まってから、一旦このような足が出ることがあります。

 

つまり、直前の足には到底及ばない実体の長さで、

ヒゲもあまり伸びていない足。

 

これが出たら、もう一度トレンドの方向へ伸びる可能性が高いと

考えて間違いないでしょう。

 

 

つまり、図のような場面ではすかさずショートするわけですね。

 

 

なぜ有効なのか?

では、このパターンはなぜ有効なのでしょうか?

 

それはすごく簡単なことなんです。

 

 

以下の図を見てください。

 

下落の特徴02

 

わかるでしょうか?

 

そうです。なぜこのパターンが有効なのかというと、

 

途中に入る足を分解すると、

押し目や戻りになっているからなんです。

 

 

この考え方は、複数時間足にも関係しますが、

 

――基本的にローソク足を分解すると、中身はこうなっている。

 

という一例ですので、是非この視点は持っておくことをおすすめします。

 

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 
もしこの記事が役に立ちましたら、

応援の意味を込めてクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ