嫌だと思うことをする

嫌だと思うことをする

どうも、ハシモトです。

 

トレードはよく人生にも例えられますが、

今日のタイトルも同じようなことです。

 

 

本題の前に、お知らせがあります。

 

 

まずは以下のボタンをクリックして

注目通貨をチェックしておいてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

GW中のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中についてですが、

5月の2日~6日まではお休みとして、

メールのご返信が出来ない可能性が高いです。

 

余裕があればできる限り返信しますが、

旅行へ行く予定もありますので、

期間中の返信がなくてもその点はご理解ください(^_^;)

 

それでは本題にいきましょう!

 

 

嫌なことをする

私の人生を変えたキッカケといえば、

まず間違いなく留学なのですが、

それ以外の点で言えば、

 

「嫌なことをあえてするようにした」

 

というところだと思っています。

 

 

直感的に嫌だと思う事に対して、

「あえて実践してみる」

という姿勢を取り始めたのが大きいです。

 

 

 

例えば、身近なところで言えば、

「高校の同窓会がある」と言われても、

本来の私なら、

実はあまり行きたいとは思わないのですが、

そういう場にあえて行ってみると、

意外な発見や良い事があったりするものです。

 

 

「嫌なこと」とまでは言わなくても、

「普段の自分なら絶対にやらないこと」に

あえてチャレンジしてみる

というのもそうだと思います。

 

 

大げさではなく、こういう習慣が

本当に人生を変えると私は信じています。

 

 

 

 

トレードの成功に必要な「嫌なこと」

トレードでも同じだと思います。

トレードは人生を変える可能性があるものです。

 

確かにそれは「良くも悪くも」ではありますが、

トレードで人生を良い方向へ変えるためには、

成功する必要があります。

 

トレードでの成功のためには、

私は検証作業が必須だと思っています。

 

しかしこの検証作業、

本当に多くの方が十分にやっていません。

 

 

おそらく理由は、すごく単純に言えば

「嫌だから」だと思います。

 

「面倒くさい」

「その時間があればトレードしたい」

などという理由があるのだと思います。

 

 

 

それでは一度、

その習慣を試しに変えてみるのはどうでしょうか?

 

 

FXで楽なことや楽しいと思えることをやめて、

あえて嫌なことや面倒なことをやる。

 

つまり、

単にトレードをやめて、

検証をとことんやってみる。

 

というようなことですね。

 

 

とにかく1ヶ月くらいこの習慣を試してみると

良いかもしれません。

 

 

検証だけをする1ヶ月もありだと思います。

 

私もつまづいた時には、

トレードをやめて検証している期間が

何度もありました。

 

 

相場は逃げて行きませんから大丈夫です。

 

 

 

1ヶ月トレードしなかったからといって、

人生が変わるほどの利益を逃すこともないと思います。

 

 

 

本当にやっかいな事ですが、

トレードというのは

「急がば回れ精神」のほうが成功しやすい

と思っています。

 

 

改めてそういう精神で

取り組まれると良いかもしれません。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

 

今日の注目通貨

ハシモトの今日の注目通貨を見るには、
以下のボタンをクリックしてください。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

※ランキングの説明文の部分に「注目=〇〇」という形で表記されています。

 

注目通貨の動向

この通貨は15時現在、

日足で注目しているチャートパターンに対して、

注目ポイントに近づいています。

 

▼日足

スクリーンショット_042815_012344_PM

 

 

1時間足を見ると、

少し上昇が続いてきた印象受けますので、

一旦下落してきてもおかしくはないと思っています。

 

見やすくするため、4時間足を見てみます。

 

▼4時間足

スクリーンショット_042815_033853_PM

 

 

どちらにしても最終的に

チャートパターンを形成しに下落するか、

それともラインを抜けて上昇するか

という所に注目しておきたいと思います。

 

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ