基本チャート設定

基本チャート設定

こちらでは、ハシモトレードの基本チャート設定をお伝えします。

 

 

私ハシモトがトレードで使用する要素は次の3つです。

 

●移動平均線3本(20、72、200EMA)

●水平ライン

●ローソク足

 

 

私は基本的にこの3つの情報を頼りにしながら、

トレードを行なっています。

 

 

この3つをきちんと理解していけば、

トレードで勝つことは十分可能です。

 

 

 

なぜ移動平均線なのか?

私が移動平均線を使う理由は、

多くの人が使うというのもありますが、

私自身が使いやすいと感じているためです。

 

ではなぜ多くの人が使うから有効なのか。

 

それは、多くの人が見ているチャートというのは、

その場所が注目される場所になり、

その後の相場の動きを分析するのに非常に役立つからです。

 

 

それでは、具体的にどうして注目される場所になるのかを説明します。

 

 

例えば・・・こんなチャートあります。

スクリーンショット_060413_115002_PM

 

少し見づらいですが、丸印で囲った部分で、

ローソク足の上ヒゲが20EMAに抑えられて

下落しています。

 

つまりこの場面では売りが多く注文されているということです。

 

このように、とにかく多くの人に意識されているポイントは、

その後の相場の動きを分析するのに役立つのです。

 

例えばこの場面なら、

シンプルに言えば、

「この20EMAに抑えられて下がって来たら売りだ!」

という具合に判断できるわけです。

 

 

 

水平ラインを使うのも同じ理由です。

水平ラインについては以下の記事を参照してください。

 

>水平ラインとは? 

 

 

ローソク足

多くの人は、ローソク足を単なるチャートとしてしか

認識していないと思います。

 

でもローソク足というのは、立派な分析ツールなんです。

ローソク足は常に我々に多くの情報を与えてくれています。

 

その情報はどんなインジケーターよりも信ぴょう性があります。

 

 

私はローソク足を最も重要視し、

補助的に移動平均線や水平ラインを用いることで、

FXの相場で戦っています。

 

 

FXで重要なことはメンタル・手法・実践

当ブログでは何度も言っていますが、

 

FXで重要なのはメンタル・手法・実践です。

 

どれが欠けてもいけません。

 

 

「ハシモトレード」では、

これら重要な要素についてお伝えしていきます。

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ