勝てる人と勝てない人の本質的な違い

勝てる人と勝てない人の本質的な違い

どうも、ハシモトです。

 

今日は、

勝てる人と勝てない人の本質的な違いの一つについて、

お話したいと思います。

 

 

勝てるトレーダーは皆これができているので、

この違いについて知っておかない手はないです。

 

それでは今日も応援クリックをお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

何もしていないことへのストレス

両者の本質的な違いの一つとして、

「何もしていない事」に対する考え方の違いがあります。

 

 

何もしていないというのは、

つまり「トレードをしない」ということですが、

この、トレードをしないということに対して、

両者は全く別の反応を示します。

 

 

多くの場合、

負け続けるトレーダーは、

ポジションを持っていないことにストレスを感じやすく、

 

勝ち続けているトレーダーは、

ポジションを持つことにストレスを感じやすいと

思われます。

 

 

これはどちらも、

人間の本質的な深層心理によるものだと

私は思っています。

 

 

つまり、

余裕があるときはリスクを嫌い、

余裕が無い時はリスクを好む。

 

という心理的な傾向です。

 

 

 

トレードでは、

「負けている=余裕がない」という場合は、

取り返すためにポジションを持ちまくる。

という傾向にありますし、

 

「勝っている=余裕がある」という場合は、

無駄に損失を膨らませないために、

なるべくポジションは持たない。

という傾向にあります。

 

 

 

 

簡単にいえば、

勝ち始めれば勝ち続け、

負け始めれば負け続ける

ということになるわけです。

 

 

あくまでも私見ではありますが、

この心理は多くの人に当てはまると思います。

 

 

ではどうすればよいのか?

では、この負けのスパイラルに陥った場合、

どうすれば抜け出せるのか?

 

 

これはもう、光が射すまでもがくしかありません。

 

もがくというのは、

手法を探し続けてFX教材を買い漁ることではありません。

 

結局のところ、試行錯誤するということです。

 

 

 

例えば、自動車を初めてつくり出した人だって、

一回目からうまくいったわけではないでしょう。

 

 

エジソンは、こんな言葉を残しています。

 

わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。
電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ。

 

 

トレードでも同じです。

 

2万回とは言わなくとも、

うまくいかない手法をたくさん発見した人こそ、

勝てるトレーダーなのだと思います。

 

 

エジソンの言葉を胸に、

今日からまた試行錯誤を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

それでは今日も良いトレードを!!

 

 

 

記事を読んでいただきましたら、

以下のボタンをクリックして

ハシモトを応援していただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。

 

>パワーアップレポート~第一弾~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ