分析麻痺にご注意を!

分析麻痺にご注意を!

どうも、ハシモトです。

 

あなたは、「分析麻痺」という言葉をご存知ですか??

 

FXトレードをする上で、
これは是非覚えておくべき言葉ですよ^^

 

分析麻痺とは?

分析麻痺とは簡単に言えば、

「分析をすればするほど勝てる確率が上がる」

と思いこんでいる人がなる症状です。

 

投資において最も危険な考え方の1つですね。

 

分析や情報収集は確かに大事ですし、
出来る限りやるべきだとは思いますが、
勝率とは全く比例しないと私は思っています。

 

 

分析麻痺の代表例

分析麻痺の代表例を少しお話しましょう。

最も一般的なものは、

「たくさんの時間軸を見過ぎる」

というものです。

 

例えば、デイトレードをしている場合、

週足や月足などはほとんど分析しなくても良いでしょうが、

全ての時間足を見て分析する方が多いです。

 

これは、必要ならば良いですが、

きちんとそれぞれの時間軸を見ることで得られる

価値の配分を意識していなければいけません。

 

つまり、デイトレードにおける、

1時間足と月足の重要性は同じではありませんよね?

 

圧倒的に1時間足のほうが大事なはずです。

 

フラットに相場を見ることは大事ですが、
時間軸は別の話です。

必ず意識していきましょう!

 

 

次によくある分析麻痺の例は、

「確認するインジケータの種類が多すぎる」

という場合です。

 

これも同様ですが、

インジケータの根拠が揃えば揃うほど、

勝率が上がるわけではありません。

 

それよりももっと大事なのは、

「自分自身の判断基準に一貫性を持つこと」

です。

 

たったひとつのインジケータを表示しているだけでも、

あなた自身の判断基準があるなら、

それを根拠に検証をして有効性を確かめて、

トレードに活かせば良いわけです。

 

戦争における兵士が、

武器を数多く持ち歩けば強くなるわけではないのと同じですね。

あまり武器を持ちすぎても荷物になってしまいます。

 

 

これだけは忘れないようにしてくださいね!

今日はここまでです!

 

 

 

記事を読んでいただけましたら、
下記のボタンをクリックして応援していただければと思います^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

現在、ハシモトオリジナルの、

パワーアップレポートを配布中です!

 

レポートの詳細については、

以下のページをご覧ください。
>黄金のチャートパターン~実践編~

>黄金のチャートパターン~理論編~

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ