今週行ったトレード

今週行ったトレード

どうも、ハシモトです。

 

昨日注目していた通貨ペアは、

実は2種類あったのに気がついたでしょうか?

 

オージードルドルカナダでした。

 

時間がランダムなので、気が付かなくても無理がありませんね。

どうしても注目通貨はリアルタイムで変わってしまうので、

固定で表示しているよりは参考にしていただけると思います。

 

ですので、今後はチャート分析をする際に、

一度確認するようにしていただければと思います。

 

 

オージードルは0.9200までトライしに行くのかと

観ていましたが、

結局は短期上昇に終わりました。

 

▼1時間足

スクリーンショット_082214_124143_AM

 

 

ドルカナダについては、日曜日の相場展望の時点で

短期上昇に注目しており、

結果的には短期上昇が起こった後で、

昨日は一旦の下落を狙ってトレードしました。

 

▼ドルカナダ(1時間足)

スクリーンショット_082214_124444_AM

 

この下落は、頂点からの短期的なヘッドアンドショルダー

によるものだったと観ています。

 

 

さて、それでは本日の話題は、

今週行ったトレードの中で、

一つをピックアップして解説したいと思います。

 

 

ポンドドルの売り

相場展望では短期的な買い待ちをしていた

ポンドドルですが、

途中からドル高の流れが強いと判断し、

ドル買いの流れを待っていました。

 

つまりユーロドルでも売り

ドル円では買いをトレードしました。

 

思えば今週は割りとトレードしました(笑)

 

 

ポンドドルは以下の画像の場面です。

 

▼1時間足

スクリーンショット_082214_010229_AM

 

ちなみに、この場面は指標発表の場面ではありますが、

発表のタイミングを狙ってトレードしたわけではありません。

 

その直前の動き短い時間足で観て、

下落の流れが始まりそうな感じがしていました。

 

というのも、その根拠の一つとして、

日足を見た時に、200EMAも下抜けて、

各EMAの配置がキレイな下落を示していたというのがあります。

 

▼日足

スクリーンショット_082214_124524_PM

 

しかも、下落そのものの勢いは強いものの、

戻りも作らずに下落し続けているわけではないので、

「ある程度続いてもおかしくないかな」

と考えていたということもあります。

 

ちなみに、今回は5分足の動きも根拠の一つですね。 

 

▼5分足

スクリーンショット_082214_010024_AM

 

指標発表がありましたが、

私の中では、ファンダメンタルズを分析しておりませんので、

正直、テクニカル的にはあれほど短期間で

大幅に動くとは思っておりませんでしたが、

すんなりとリミットまで到達してくれました。

 

 

これは指標トレードではないので、

その点だけは注意しておいてください。

 

あくまでもテクニカル的な根拠を持ってのトレードです。

 

 

ちなみに、今のポンドドルの分析で

是非一度観ておいていただきたいのが週足チャートです。

 

▼週足

スクリーンショット_082214_010659_AM

 

このような流れで、

かなり強い上昇の後の押し目的な下落になっています。

 

それにしても7週連続で陰線というのは、

なかなか強い下落ですね(笑)

 

どこかで戻りを作らないとおかしい気がしますが、

押し目から再上昇するところを

狙いにいける可能性はありますね。

 

 

ぜひ引き続き注目してみてください。

 

 

【まとめ】

エントリー:1.66943 売り
初期ストップロス:1.6707(-12.7pipsの位置)

決済:1.66342(+60.1pips)

 

それでは今日も良いトレードを!

 

 

 

記事を読んでいただけましたら、

以下のボタンをクリックしてハシモトを

応援してくださればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ