ローソク足の見方~ヒゲ~

ローソク足の見方~ヒゲ~

ローソク足には実体だけではなく、

ヒゲというものがあります。

 

まずはローソク足のヒゲをおさらいしておきましょう。

 

 

ローソク足のヒゲ

ヒゲには、上ヒゲと下ヒゲがあります。

 

図をご覧ください。

※クリックで拡大します。

 

6.7ローソク足の見方~ヒゲ~01

 

陽線・陰線に関わらず、

上に出ている線を上ヒゲ(うわひげ)

下に出ている線を下ヒゲ(したひげ)

と呼びます。

 

 

ヒゲがないローソク足

ローソク足のヒゲの長さには一体どんな意味があるのでしょうか。

 

 

まずは以下の相場をご覧ください。

※クリックで拡大します。

 

6.7ローソク足の見方~ヒゲ~02

 

ご覧のように、急激な下落の相場ですが、

この2つの陰線、上ヒゲがありません。

 

 

これは一体何を意味すると思いますか?

 

 

これは、

足が始まってから、一度も上昇していない。

ということを表しています。

 

つまり、

一度も上昇せずに、始値からそのまま下がった。

ということです。

 

 

この場合、下落の勢いがかなり強いということが言えるでしょう。

 

 

 

ヒゲが長いローソク足

では一方、次の相場はどうでしょうか?

※クリックで拡大します。

 

6.7ローソク足の見方~ヒゲ~03

 

 

上昇するきっかけの足では、下ヒゲが長くなっています。

 

一方、上昇が終わった頃には、

上ヒゲの長いローソク足が出現しています。

 

 

これは何を意味するのでしょうか?

 

 

下ヒゲが長い足は、

下への圧力はここで出しきって、あとは上がるだけ。

ということが読み取れます。

 

 

上ヒゲが長い足では、

上への勢いはここで一旦落ち着く。

ということが読み取れます。

 

 

 

まとめ

つまり、ヒゲの長さによって、

相場の持つ勢いがまだ残されているかどうか。

ということがわかります。

 

 

明らかに長い上ヒゲが出てしまったら、

これ以上は上には行けないのかな?

と疑問に持つクセをつけましょう。

 

もちろん相場は生物ですから、

長い上ヒゲをも上回るほどの上昇を見せることもあります(笑)

 

 

過去チャートを見て、

その場面で勢いがまだあるのかないのか?

ということを判断する練習をしてみてください。

 

 

それでは今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ