ローソク足の形状その3~フラッグ・ペナント~

ローソク足の形状その3~フラッグ・ペナント~

ローソク足の形状もいよいよ3つ目ですね!

 

今回は、フラッグとペナントについてお伝えします。

 

 

フラッグ

フラッグとは「旗(はた)」のことです。

 

つまりローソク足の形状が、

旗のような形になっている部分をフラッグと呼びます。

 

例えば以下のような相場です。

※クリックで拡大します。

スクリーンショット_060813_015550_PM

 

ほら、この形、何かに見えませんか・・・??

 

 

 

そうです。旗です(笑)

 

スクリーンショット_060813_020011_PM

 

こういう形状が出た時は、上昇の場合なら、

最後に陽線が出てきたところでロングエントリーします。

 

 

これもかなり信用度の高いエントリーポイントですね。

 

 

ペナント

ペナントも、旗には違いありませんが、

三角形の旗のことです。

 

 

よく、観光地のお土産とかスポーツの優勝記念などで

見かけるあの三角形の旗です。

※わからない方は、「ペナント 画像」と検索してください(笑)

 

 

ペナントの典型例はこういう形です。

※クリックで拡大します。

スクリーンショット_060813_021122_PM

 

この真ん中の持ち合い部分がおおよそ三角形になっています。

 

図で表すと以下のような形です。

スクリーンショット_060813_021308_PM

 

このような形が現れた場合、ここでは下落なので、

最後に長い陰線が出たところでショートエントリーです。

 

 

 

このパターンは、

トレンドの途中にかなりの確率で発生しているので、

ここだけを狙っていくのもありかもしれませんよ。

 

 

 

それでは今回はこの辺で失礼します!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ