トレードとの向き合い方

トレードとの向き合い方

こんばんは!ハシモトです。

 

FXのトレーダーとしての独立や、

単にFXでお金を稼ぐ事を目指す人たちのほとんどは、

専業ではなく、お仕事や家事をされている兼業だと思います。

 

ご家族をお持ちの方も多いことでしょう。

 

105

 

しかしながら、トレードで早く成果をあげたいのに、

時間の無さや現状のせいでどうしたら最大限の成果を

最短であげられるのかがわからない。

 

 

そんなお悩みを抱えている方は多いと思います。

 

 

 

そこで今回は、

 

お仕事などをされていてトレードする時間がない方が、

どのようにトレードと向き合っていくべきか?

 

私なりの考えを述べてみたいと思います。
まずは応援のクリックをお願い致しますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

時間がない人のトレードスタイル

トレードの時間が中々取れない人は、

ポジションを長く保有するトレードスタイルか、

短時間で稼ぐスタイルを取ることがほとんどです。

 

 

しかし、どちらの場合でも自分のルーティンは決めておきましょう。

 

 

例えば仕事から帰ってきて夕飯など諸々を済ませ、

チャートを開きますよね。

※ここまでは誰でもほとんど同じですね。

 

 

次に、デイトレードなどの短期スパンでのトレードならば、

その日市場がどのような動きをしていたのかをチェックしつつ、

水平ラインなどを引いて分析を始めます。

 

 

そして、やはりシナリオを立てていきます。

 

――もしこうなったらここで買いだな。

 

などという感じです。

 

 

 

そして、起きている間にチャンスが生まれなかった場合、

トレードはしません。

 

無理にポジションを持って次の日に持ち越すというのは、

やめた方が良いでしょう。

 

 

スイングトレードなどの長期保有型のスタイルでは、

帰宅してからの数時間でチャンスが出ることは少ないかもしれません。

 

 

しかし、毎日チャートをチェックしていれば、

おそらくデイトレと同じように事前に

シナリオを立てることが出来ると思います。

 

 

要は時間の長さが違うだけで、やることはほぼ同じです。

 

 

常にチャートの状況をチェックしながら、

シナリオを立ててそのシナリオにそって行動する。

 

 

 

簡単にいえばこれだけなんですね。

 

 

 

FXで負ける人の原因の1つは、

このシナリオ立てのように思います。

これをやらない人がたくさんいるので、

その場の思いつきトレードをしてしまうのではないかと思います。

 

 

 

メンタル面のコントロールも重要

いつでもチャートを見ることができないというのは、

専業と兼業との大きな差でもあります。

 

この差を埋めるためには、

やはり必死でくらいつくしかないのかもしれません。

 

113

 

少しでも時間が開いたらチャートをチェックして、シナリオを考える。

そして帰宅してチャートを開き、自分のシナリオの経過などを見る。

 

 

これを繰り返すだけでも、

良いトレーニングになると思います。

 

 

 

また、時間がないからこそ

早く稼ぎたいという欲求との戦いもあります。

 

これはメンタルのコントロールが重要になってきます。

 

 

「焦らないこと」と言うは易しですが、

方法はこれしかありません。

 

 

 

とにかく焦らずに自分のペースで進むこと。

これが一番の近道になると信じて、ただ進むのみです!

 

 

 

 

最後に

最後に、この言葉が少しでも気休めになれば幸いです^^;

 

相場があなたから離れていくことはありません。

離れていくとしたら、あなたの方からです。

 

 

ではでは、

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 



記事を観ていただいたついでに、
応援のクリックをお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

P.S. これまで5000人以上の方々に指導してきた経験を活かして、
悩める「FX難民」を救うべく、無料のFXスクールを開校中です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

>>無料FXスクールの詳細を確認する<<

タグ